試す価値あり!買取業者に聞いた、絶対に高く売れる方法

試す価値あり!買取業者に聞いた、絶対に高く売れる方法
先日、ひょんなことから元車買取業者だった方とお知り合いになりました。
その方は実際に6年間で、車買取のプロとして600台以上の車を買い取ったそうです。
その際に車査定の時に高く売るコツを聞いてきました。

まず、ネットの中古車一括査定で査定を申し込む。
ここでは特に何も気をつけることはありません。
カーセンサー.netや車買取EXなどの中古車一括査定サイトで査定を申し込みましょう。

すると申し込んだ次の日(早ければその日のうちに)買取業者から電話が掛かって来ます。
「実際にお車を拝見させて頂きたいのですが」
こんな感じでかかって来ますので、出張査定に来てくれる日を決めましょう。
ココで第一のポイント

「出張査定は、全ての業者に同じ日、同じ時間に来てもらう」

1日1業者にする必要はありません。
何日かに渡って査定に来てもらうと、その分だけこちらも時間を割かなければなりません。
時間に自由の利く方だったらいいのですが、普通の会社員などはなかなか時間が取れません。
そして、同じ時間に来てもらう最大の理由は、同業他社が居る雰囲気の中で、互いにけん制させることにあります。
1社だけの査定ですと、業者は絶対に低めの査定金額を出してきます。
できるだけ高く売りたい車の所有者に対して、買取業者はできるだけ安く買い取りたいのですから、はじめから高い買取金額を提示する事はありません。
その時に「A社はもっと高い査定額を出してくれましたよ」と言っても、業者の方は「こいつ、本当はまだ他社で査定していないのにカマをかけているんじゃないか?」と警戒し、なかなか目いっぱいの査定額を出そうとしません。「それでは会社に帰って上司に相談してみますのでちょっと待って頂けますか?それまで他社には売らないでください」と言って一旦帰ってしまいます。するとここでまた時間がかかるのです。

そして査定日当日、数社の査定員が車の査定にやってきます。

そして第二のポイント。

すべての業者が揃ったところでこのように告げてください。

「最後に全社一斉に査定額を出していただきます。名刺の裏に査定額を書いて渡してください。その中で一番高い金額を出して頂いたところに本日売らせていただくことを約束します」

こうすることによって、限度いっぱいの査定額を出さざる終えなくするのです。
「同業他社が居る前で査定するのって、やりにくいんじゃないか・・・」なんて気兼ねする必要はありません。
このような一斉に査定することはあまり無いみたいですが、全く無いわけではないので、業者さんも慣れているのです。

1社あたり、だいたい30分くらいの査定時間だと思いますが、ずっと付きっきりでその場に居る必要はありません。

そして全社査定が終わったところで、査定額を名刺の裏に書いてもらって渡してもらいます。
そして一番高い金額を出してくれた業者さんに、約束通り売却しましょう。

もし、この金額よりも安かったら売りたくないという希望がある場合は、査定前に「●●万円以下では売却しません」とハッキリ伝えておきましょう。
これを言っておかないと、希望金額より安くても売らなくてはならないハメになっちゃいます!

そして、ちょっとしたことですが、寒い日であれば暖かい缶コーヒーや、暑い日であれば冷たいジュースの1本でも用意しておきましょう。
業者さんも人間ですから、ちょっとした心遣いでコミュニケーションが取りやすくなったり、心象が良くなります。これで査定額が大幅アップ!ということは無いですが。

また、出張査定に来てもらう前に、車売却時の必要書類を確認しておく事をオススメいたします。
車売却時に必要な書類は、車を売るときに必要な書類 をご覧ください。

車を売るときに必要な書類

いかがでしたでしょうか?

元車買取業者で6年間、車を全国で買っていた業者さんの話ですので、間違いは無いと思います。
是非、車を中古車一括査定で売るときの参考にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加