車庫証明は自分で手続きして出費削減!その2

車庫証明は自分で手続きして出費削減!

保管場所の所在図・配置図

「所在図記載欄」は、自分が住んでいる家と駐車場の位置関係を記載する欄です。
自宅と駐車場が離れている場合は、自宅と駐車場を直線で結んだ距離を記しておきます(大まかで大丈夫です)
もし、この直線距離が2kmを超えてしまうと許可が下りませんので注意してください。
自宅の敷地内に駐車場がある場合は、自宅周辺のランドマーク(駅や大型施設、幹線道路)を必ず地図に記載し、自宅の場所が明確に分かるようにしておきます。

グーグルマップなどの地図を印刷して、自宅と駐車場を赤く塗りつぶして貼り付けるだけでもオーケーです。

「配置図記載欄」は、駐車場の配置やサイズを記載します。駐車場を借りている場合は、自分が借りている個所の番号を必ず記載してください。また、その駐車場の出入り口のサイズ、面している道路の幅も記載してください。
駐車場全体の図が描けたら、自分が借りている場所の部分に「保管場所」と記入しましょう。
そして、その保管場所のサイズを記入してください。
これはおおまかで良いですが、通常の駐車場1台分であれば、全長5.5m、全幅3.0mくらいと記載しておけば良いでしょう。
実際の大きさとあまりにも違っていると許可が下りませんから、できれば実際に測ってみるのが良いと思います。
とは言え、○○メートル○○センチ○○ミリまで細かく測る必要はありません。
大凡の数値で大丈夫です。

「保管場所名称」には駐車場の住所を記入してください。
駐車場を借りている場合は、駐車場の大家さんに聞くと良いでしょう。

「収容可能台数」は「その駐車場には何台の車が収容できるのか?」という意味です。
その駐車場に5台の駐車枠があれば5台と書けばオーケーです。

駐車枠が引かれておらず、何台駐車できるのか不明な場合は大家さんに聞くか、おおよその台数を書いておきましょう。

自宅の駐車場で、1台分しかスペースが無いのに2台とか書くと申請が許可されませんので気を付けましょう。
立体駐車場の場合は、大家さんに確認してください。または、係員さんに「何台停められますか?」と聞いてその台数を書いておけば良いでしょう。

「現在収容台数」はその駐車場に現在時点で何台の車が駐車されているか、その台数を記入します。
10台の枠がある駐車場で、8台契約されていたら8台と記入します。
よくわからない場合もありますが、その場合は適当な数字を記入しておいても大丈夫です。
空欄にしておくと口頭で聞かれるので、必ず記入しておきましょう。

「代替車台番号」と「新規 台」の欄はどちらか一方を記入すればいいです。
今回はじめて、その駐車場に申請する場合は「新規1台」と記入してください。
現在、車を持っていて、同じ場所に申請する場合は、 現在の車の車台番号を「代替車台番号」の欄に記入してください。

「保管場所の所在図・配置図」記載例
保管場所の所在図・配置図

次回は「保管場所使用承諾証明書と保管場所使用権疎明書(自認書)」の説明です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です