ナンバープレート盗難の話

ナンバープレート盗難の話
最近はイモビライザーなどが普及してきて車の盗難もなかなか難しくなってきたようです。

しかしナンバープレートだったら盗もうと思えば簡単に盗めてしまいます。

でも何でナンバープレートを盗むのか?

それは犯罪に使用するためなんですね。

極端な例ですと、銀行強盗を計画しているグループが居たとします。

銀行を襲った後、逃げる為の車が必要です。

その車のナンバープレートが正規のものであれば簡単に足がでてしまいますから、盗んできた全く関係ないナンバープレートを取り付けるわけです。

もしあなたがナンバープレートの盗難に遭ったら、ナンバーを再発行してもらわなければなりませんが、その際に盗まれたナンバーと同じ番号で再発行するのは絶対にやめた方がいいです。

上にも書きましたが、盗難されたナンバーは犯罪に使われる事が多いため、あらぬ疑いを掛けられてしまう事になりかねません。

また、盗難されたナンバーは警察へ盗難届けが出ていますから、盗難されたものと同じナンバーで検問に当たったりするとこれまた厄介な事になります。

ナンバープレートを盗難されたのは自分自身なのに、その盗難の疑いを掛けられてしまうなんて、これぞまさに「踏んだり蹴ったり」ですね。

そしてナンバープレートを再発行する場合の手続きが、これまた面倒!
一番簡単なのはディーラーに頼んですべてやってもらう。費用は任意保険で賄う。これが一番楽なのですが、任意保険を使っちゃうと翌年の等級に響きます。
費用は自分持ちでディーラーに頼むと、何だかんだで2万円くらいかかるはずです。
盗難に会って更に出費なんて本当にバカバカしいのですが、ナンバーが付いてないと公道を走ることが出来ません。

じゃ、自分で手続きを・・・もちろん出来ますが、これがまた面倒くさい。

まず警察に届けて被害届を出してもらい、役所に行って仮ナンバーを発行してもらいます。

その仮ナンバーを付けた車を陸運局に持って行ってナンバー再発行の手続きをするのですが、ここが一番面倒くさい!
提出書類が多い上に陸運局って超事務的な対応しかしてくれません。

ディーラーなどの業者さんだったら慣れているので何ともないのですが、一般の方が手続きをするとなると結構大変です。
しかも陸運局は土日休みなので平日しか手続きできません。この時点で大抵の人は無理。

で、めでたく新ナンバーができたらその場でナンバープレートを付けて封印してもらいます。
費用は2000円くらいだったと思います。

簡単に書きましたが、やってみるとすごく大変です。
巷には盗難対策用のナンバープレートロックボルトなんてものが販売されてますが、あまり効果は無いです。
簡単に外せますから・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加