オプションパーツ(新車)の取付け

オプションパーツ
これは車を売るときではなく、買うときの話ですが、オンライン中古車一括査定で車を売ってから新車を購入する方も居るかと思いますのでご参考程度に・・・

新車を買うときに色々なメーカー純正オプションパーツを付ける事もあるかと思いますが、フロアマットなどの加工を必要としないオプションパーツは特に注意する事はありませんが、バックモニターなどの電気配線や、エアロパーツなどの車体に加工を必要とするオプションパーツを購入する時は、少しだけ注意が必要です。

オプションパーツの取り付けは基本的に2通りあります。1つは生産ライン、製造工程でオプションパーツを取り付けらた車がディーラーに運び込まれるもの。これは生産工程で取り付けられるので、しっかりした組み立て・加工が施されていて問題ありません。

もう1つは、ディーラーでの取り付けです。この場合はかなりの値引きをしたため、ディーラーのメカニックがオプションパーツの取り付けを行います。

カタログに掲載されているオプションパーツの取付け料金は生産ラインで取り付けた場合の価格が掲載されており、この取付け価格をディーラーで行う事によって、取付け工賃を安くするために行います。

生産ラインの専門スタッフであればオプションパーツの取り付けは問題ありませんが、取り付けに慣れていないディーラーのメカニックが行う場合、うまく施工できない場合があります。

オプションパーツによってはインテリアの内張りを剥がさなければならない物などがあり、小さなキズや、そのオプションパーツ取付け専用工具が無い場合、代替工具で作業した時にヘコミや捲れができてしまったりすることがあります。

バックモニターバックモニターや電装パーツが内蔵されたエアロパーツなどの電気系統の加工が必要なオプションパーツを新車購入時に注文する場合は、どこで取り付けるのか、営業マンに確認するのをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加