中古車査定で減額されるケースについて

32
車の売買というのは普段の生活ではあまりない、大きな金額が動く取引です。

そのため、中古車を売却するということになった時には買取金額が少し変わってくるだけでも、その影響というのはかなり大きなものになってきます。

そこで、できるだけ中古車査定を高くしてもらいたいと思うのは誰もが同じことですが、中古車査定を高くしてもらうにはどのような場所で減額をされてしまうのかということを知っておく必要があります。
減額のポイントを知ることで売却をする時期や査定を受ける時期が決めやすくなるので、覚えておくとよいでしょう。

まず、日本の場合中古車査定が減額されるケースというのは、走行距離と年式です。

実際にはこのふたつだけで自動車の状態というのは、はかれるものではありませんが日本では10万キロ、10年を超えた車というのは途端に人気が落ちてしまうため、大幅な減額をされるケースが多くあるのです。

そのため、車の売却を考えている時には、このふたつをめどに売却するかどうかを決めるとよいでしょう。

次に外観や内装の状況も査定の重要なポイントで、傷だらけの車であればそれだけ減額されてしまうのは当然のこと、匂いなども重要な要素になり特にタバコやペットの匂いが染み付いた車は、それだけで減額されてしまうことがあるので注意をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加