中古車査定で有利な年式は新しいもの

31
車を売却しようかと思った時に悩んでしまうのが、その売却するタイミングです。

そろそろ、売ろうかなと悩んでいる内に時がたってしまいその間に査定額が大幅に下がってしまうなんてことは、よくあることなのです。

しかし、そうは言っても車を売るということはそれなりに大きな決断を下さなければ行けないことなので、すぐに決めるということもなかなかできないものです。
そこで、中古車査定を受ける時にどの
ような状況であれば、有利な査定を受けることが出来るのかを知っておくと、中古車買取に出す時期を決めるのに役立ちます。

まず、当然中古車買取に出して良い査定がもらえるのは、年式が新しいものほど有利になります。
これは中古車にかぎらずどのようなものでも、新しいものほど価値が有るものですが特に車の場合は年式が重視されるのです。
現在の日本車というのはとても長持ちするものばかりなのですが、中古車の世界では10年以上立った車は価値が激減してしまいます。

そのため、車を売却しようと考えている時期が10年にかかるかどうかという状況であるのであれば、できるだけ早い時期に売却を検討する必要があります。

このように車の価値が下がってしまう時期を考慮に入れて、売却する時期を検討するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加