中古車査定のポイントとタイヤの状態

42
中古車査定ではコンディションの良い車両ほど高額で売却できますが、車買取りやオークションなどの取引事例では手を加える必要が無いことが減額にならない基準となっています。

ボディであれば補修をしなくても良い状態となりますし、タイヤに関しては交換せずにそのままで販売できる状態となることが標準的な査定となります。
つまり極端にタイヤが減っている場合にはそのままでは中古車として販売できませんので、査定では不利な状況となります。中古車査定ではそのままで売却できる状態が基本となりますので、タイヤの溝に関しても価値に影響してくるのです。
ですからスタッドレスタイヤしかない場合には、夏用タイヤを用意しなければ大幅な減額となってしまいます。

しかしタイヤが減っていても法律的に問題が無い場合には価格に影響しないか、影響があっても僅かな減額で済みますので、中古車査定のためにあえて新品を購入し交換する必要はないのです。

交換にかかった費用の分だけ中古車の価値が上がるとは限りませんので、現状のままで査定を受けることが大切です。

タイヤを交換することでメリットがあるのは、古くて査定がゼロになるような車の場合ですから、通常はそのままの状態で受けることが基本と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加