タイヤの種類と中古車査定の評価

9
新しく車を購入する際には、それまで乗っていた車を処分する必要があります。事故などによって、故障や全損など、自走できない状態でなければ、ディーラーなどで下取りの査定を受けることが可能ですが、年式の古い車や、走行距離の長い車などは、その査定額がそれほど高くなりません。

また、純正品以外のパーツやタイヤなどが装着されていると、そのことでも査定額にマイナスの影響が出ることもあります。

ディーラーなどでの査定には、独自のマニュアルがあり、こうした古い車やカスタム車はどうしても相場が低くなってしまいます。

しかし、中古車の買取を専門に行うショップであれば、こうした要素も査定にプラスとなることが多くあります。

これは中古車買取専門店が、独自の流通ルートを持っているからで、そうした中古車市場では、カスタムパーツや古くても人気の高い車種などは需要の高い物となっているため、査定の評価も高い物となります。

また、こうした中古車市場では、交換用のタイヤやスタッドレスタイヤも需要が高く、それらを装着した車や、車と一緒に買取に出すことで、更にその評価を上げることが出来ます。特に寒冷地などではスタッドレスタイヤは非常に評価の高い物となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加