車の売却で中古車査定はパーツで買取額もアップ

車の購入や乗り換えをする際には、それまで乗っていた車を処分する必要があります。

しかし、まだまだ乗れる車をスクラップなどにするのは非常に勿体無いので、多くの場合はディーラーなどで下取りに出し、新たな車の購入資金にします。

しかし、こうした下取りも、車の状態によっては非常に買取査定の額が下がることがあります。通常ディーラーでは、一定のマニュアルに従って査定を行うため、純正以外のパーツなどが装着してある場合、その査定額を下げる原因となってしまいます。

そこで、中古車買取を専門に行う業者を利用すると、こうしたパーツも査定額を上げる要素として活用する事が可能です。
中古車買取店では、独自の中古車流通のルートを持っており、ディーラーの査定とはまた違った相場で中古車の買取を行なっているのが特徴です。

そのため、市場の需要が高いものであれば、純正品ではない、社外品のオプションやカスタムパーツなどが付いていると、かえって高い額での売却が可能となります。

特に趣味性の高いスポーツ車や、SUV車などは社外オプションも豊富で、市場での需要もより高いものとなっているため、人気の有るパーツを装着した車であれば、高額で売却できることも少なくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加