輸入車や事故車の中古車査定について

中古車査定は、それが中古車であればなんでも査定をしてくれます。

ただし、それで高額査定となるかゼロ査定となるかは、車の状態次第ということがいえます。
もちろん、中古車査定においてベストなのは、非常に状態の良い車です。
しかし、そのような好条件の中古車はなかなかありません。

走行距離が多かったり、年式が古かったりといった車もあります。
こういった車であっても、ディーラーで新たに車を購入するという前提でしたら、同じディーラーでそれなりの金額で下取り査定をしてもらえます。
それは、国産車であっても輸入車であっても同じことです。

問題は、動かない車です。
動かない車には、大きく分けて2種類のタイプがあります。
車検が切れてしまっている「不動車」と、故障や水没をしてしまって動かない「事故車」です。

不動車の場合には、車検を新たに取得すればいいだけですので、大きな影響はありません。

事故車の場合、その車としての査定というより、パーツの価値に対してお金をつけるといった意味合いです。
基本的には、買取られた車は部品取りの車として使われます。

輸入車の場合、スクラップにするのには費用がかかりますが、パーツとしてのレア度は高いので、事故車の輸入車は価値が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加