中古車査定額とローンの残債を考える

自動車というのは大きな買い物です。

なかなか現金一括払いで買えるものではありませんので、多くの方は自動車ローンを組んでいます。
長期間をかけて自動車ローンを返済しながら、自動車に乗っているのです。
しかしあるとき、転勤などの都合で自動車が要らなくなるという場合もあります。

そんなとき、中古車査定をしてもらえばその中古車を引き取ってもらうことができますが、そうも行かない場合もあります。
それは、自動車ローンの残債がある場合です。

自動車ローンを完済していれば、通常通りに中古車査定を受けることができますが、自動車ローンの残債がある場合には中古車査定を受けても売却することができません。
それは、その中古車の所有権がローン会社にあるからです。
ではそういう場合、どうすればいいのでしょうか。

基本的には、そのローン会社と話し合いをすることになります。
話し合いの結果、ローンの残債を一括で返済するか、あるいは分割で支払っていくという約束になります。

後者の対応はまれで、多くの場合は前者の対応となります。
しかし、なかなか一括で支払えるほどの現金がありません。

そういったときには、査定を受けた業者に相談をして見ましょう。
業者によっては、残債の借り換えローンを用意しているところもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加