中古車査定で低額になる原因について

28
中古車査定で価格が低額になってしまうのは、いくつかの原因があります。

低額になる原因で一番多いのは、年式が古いことです。

人気がある一部の車種の年式もありますが、基本的には年式が古いほど価格は低額になります。
年式が新しくても、走行距離が多い車だと、中古車査定で価格に悪影響を与えます。
基本的に中古車査定では、古いと思わせる原因が多ければ多いほど、価格は低額になるのです。
古いと思わせる原因は、年式や走行距離だけではありません。
車の状態によっても、中古車査定の価格が低額になる原因になります。
車の状態は、外観と室内の2つに分けられます。

特に大きな原因となるのは、室内です。
室内が汚れていたり、嫌な臭いが染みついていたりするのは、中古車査定で価格が低額になる原因です。
外観はキズが付いていると、悪影響を与えると思いがちです。
しかし、修復できるような小さなキズなら、問題になることはありません。
外観については、洗車とワックスをして印象を良くしましょう。

中古車査定で年式や走行距離を変えることはできませんが、車を良い状態にするのは簡単です。
中古車査定の前には、車を良い状態にしておくと、価格の低額になるのを抑えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加