中古車査定と売却と免税

41
中古車を売却する際に事前に査定を受ける場合がほとんどですが、その売却する側が自動車税などの免税を受けている場合は注意が必要です。

普通自動車以上の自動車税はもともと4月1日の所有者に課税することとされていますが、課税されない場合があります。
条件によっては手続きを取れば自動車税が課税免除される場合があります。

この免税の手続きを受けている場合には、名義変更した場合は、新所有者に月割りで自動車税が課税されます。名義変更であっても前所有者が課税の免税手続きを取っている場合には、4月1日の所有者でなく名義変更であっても課税される場合があります。

このため、中古車の査定を依頼して中古車買い取り業者に査定をしてもらう際には、査定を依頼する側は必ず身体障碍者免除などの手続きをしているかどうかを伝達しなければいけません。

伝達せずに売却した場合、その自動車が名義変更された場合には新しい購入者に課税されてしまいますから、なぜ伝達してくれなかったのかと責められる原因になりえます。

このため、中古車業者も領収書などで自動車税を払っているのかどうかを確認するところも多くあります。提出する書類のうちに必ず入れられているところもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加