寒冷仕様の場合の中古車査定について

寒冷仕様の車は、雪国で中古車査定をしたほうが価格は高くなります。

極端なたとえをすると、暖かい沖縄や九州より、雪国である北海道や東北のほうが良いのです。
雪国のほうが高くなるのは、寒冷仕様の中古車の需要が高いからです。

買取業者は、査定をして買い取った後に、その場ですぐに売ることができますから、その分高く買い取ってくれます。
これが沖縄や九州だと、寒冷仕様の中古車はなかなか売れません。
売るためには雪国へ運ぶ必要があり、陸送代も必要になります。
これらの理由からも、寒冷仕様の車は、雪国で中古車査定をした方が良いのです。

需要のことを考えるなら、中古車査定をする場所だけではなく、季節も考えなければいけません。
寒冷仕様の車の需要が伸びるのは、冬になる前です。

買取業者は需要が増える前に、最低価格もアップさせますから、秋頃からが査定にとって絶好のタイミングになります。
暖かくなってきた春や真夏に中古車査定をするより、高い価格で買い取ってもらえるでしょう。

これらふたつのことから考えると、寒冷仕様の車は、冬になる前に雪国で中古車査定をするのが最も良いことになります。
寒冷仕様の車を売るなら、場所と季節に気を付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加