中古車査定の付属装備品の扱いについて

どんな車でも大切に乗られていた車ほど、内装も外装もきれいなのが普通です。

もちろんきれいな状態の車ほど中古車としての人気が高いため、査定を受ける時には車内の掃除もきれいにしておくと印象が随分と変わってきます。
外装はもちろんだし内装でもシートの汚れやへたりがあったり、煙草の焦げ跡などはマイナス容認になるので気をつけなくてはなりません。日ごろから喚起や脱臭などに気をつけて乗ることも大切です。

付属装備品を大切に保管しておくことも大切です。購入時についていた付属装備品類は日ごろからきちんと保管するようにし、大切に保管してなくさないようにします。
付属品の取り扱い説明書や整備手帳、スペアキーなどは特に重要です。高年式の車の場合、ディーラー保証を次の購入者に引き継ぐためにも必要なので、中古車の査定を受ける前には必ず確認して準備しておくようにします。

付属装備品や交換した純正部品があるかないかと言った事も、中古車の査定時には重要なポイントになります。

また、車に搭載されているオーディオやエアコン、カーナビゲーションなどの付属装備品は中古車の査定の際にはプラスになりやすいオプションなので、きちんと動作確認をしておくことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加