重自動車税と中古車査定

中古車の査定時に注意するべきことがあります。
重自動車税という正式な名称はありませんが、ガソリン車は新車登録から13年経過後に、ディーゼル車は11年経過後に自動車税が約一割高くなります。

無論、その自動車税を納税すれば、車検の項目を満たせれば車検は通ります。しかしながら、毎年1割ずつ増税されるのは家計にとって大きな負担ですし、またそうした中古車はどうしても燃費なども悪くなります。

また、環境にも優しくないということで買い替えを促すためにこの制度が導入されたという経緯があります。

重自動車税を払うほどの中古車となると、よほど状態がよいなどの状況でないと中古車査定を依頼しても買取りだけでは対応してもらえない可能性があります。

買い替えの場合には、多少値引きをしてもらえる可能性はありますが、それは上辺だけの可能性もあります。販売価格にその中古車分を紛れ込ませていれば、こちら側からは分からないため判断する術がありません。

買い替えにしろ売却にしろいずれにしても自動車の査定には相当数年数がたっている自動車はかなり低めに見積もられることが多いことは十分想定されます。査定時にはその点を十分考慮の上話をする必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加