オプションと買取の影響

2
中古車査定では車両の基本的な価値の他にオプション装備に関しても金額に影響してきますが、下取りと買取りでは若干異なる部分があるものの査定額に影響するオプションと影響しないものがあります。

基本的には後から装着することが難しい装備が中古車買取でもプラス査定となりますので、新車購入時にメーカーオプションとなっているものが該当します。

メーカーオプションは製造過程でしか装着できない装備となりますので、サンルーフや電動シート、本革シートなどがあります。また駆動系に取り付けるデフロックやLSDなども該当することになります。

新車販売時には販売店で装着するディーラーオプションがありますが、ナビゲーションやオーディオなど単体でも価値のあるものを除けばそれ程中古車査定には影響しませんので、取り外して中古パーツとして売却した方が経済的になります。

中古車では純正状態が基本的な価値となりますので、エアロパーツなどのドレスアップはマイナス査定になりやすいため、一般的な買取りや下取りでは価格には影響しないか減額の対象となる場合があります。

ドレスアップではなく改造車となるようなオプションを装着している場合には、ドレスアップ車専門の買取店を利用した方が減額されずに高額査定が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加