事故車の評価

中古車の価格は初年度登録から年数がたっていないほうが査定相場が高くなるというのが基本です。

しかし中古車買い取り相場は日々変わってくるもので、人気の車種、あるいは季節やその地域によっても車の需要が変わるため、タイミングによって買い取り価格が大きく変動するのが特徴です。

車種によっては中古車の売り時のベストのタイミングがある場合が多く、需要と供給のバランスで日々相場が変わってくるので、愛車を少しでも高く売りたいと考えるなら、査定額に納得できた時点で一日でも早く売却するほうがお得だといえます。

中古車は傷もなくきれいな状態のほうが査定の時に有利になるのはもちろんですが、中には事故を起こした中古車というのもあります。

事故車は車買い取り相場としては大幅に価格が下がります。

事故歴のある車は販売時に敬遠されがちで商品価値が低くなるためです。
ただし、事故車は単純に事故を起こした車のことを指すわけではなく、査定基準では、車の骨格などに欠損が生じているものや、その部分に対しての修理歴のある車を事故車と呼びます。

事故を起こしたクルマといっても、多少こすってしまったという程度では中古車査定の際に事故車の扱いになることはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加