季節要因からみる売却のタイミング

中古車査定では、季節のことも考えながら、依頼しなければ行けません。

依頼するタイミングが悪いと、それだけで査定価格が低下してしまうからです。

中古車査定で価格が上昇する季節は、年明けから3月頃です。
3月は業者の決算期なので、積極的に買い取りをしています。
決算期であるだけではなくて、春になると新生活を始める人が多く、中古車の需要も高まります。

また、自動車税の納税義務のタイミングでもありますから、買い替えの需要も大きくなります。
そのため、季節が春になる前は、中古車査定の絶好のタイミングでもあるのです。

季節的な需要のほかにも気を付けたいのは、車のモデルチェンジやマイナーチェンジについてです。
モデルチェンジやマイナーチェンジされると、査定価格は低下してしまいます。
一世代古いモデルになってしまうわけですから、低下するのは当然のことです。

中古車査定を依頼するなら、モデルチェンジやマイナーチェンジが発表される、秋頃より前でなければいけません。
タイミングを考えるなら、秋になる前の季節に中古車査定しましょう。

ほかにも、オープンカーなら夏になる前など、絶好の季節やタイミングは、中古車の種類によって変わってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加