売却と自賠責保険料について

車を売るタイミングは、いつやってくるかわかりません。

新しく乗りたい車が見つかった時、売却する車の値段も早い方が少しでも高額になるかもしれません。
ですから、中古車売却の査定は思い立ったときで、キリが良い時とはならないことがほとんどです。
それは自賠責保険料でも例外でありません。

自賠責保険料は年単位で前払いしています。そのため、保険期間中で中古車査定を受けて、売ってしまうと先に支払った保険料がもったいないと思ってしまいます。

残念ながら、中古車売却する時に、残りの期間分の保険料は戻ってきません。
つまり、支払った金額は支払った時点で返金はできません。あくまでも自賠責保険料は、乗る人にかかっている保険ではなく、車両にかかっている保険なのです。

ですから、車両がなくならない限り、保険は継続されるので返還はされません。
しかし、考え方を変えると、保険の付いた安心の中古車ととらえることができ、査定の面でもプラスにとらえられることができます。

切れていることは違法ですので、きちんとルールを守った適切な中古車として査定を受けることができます。

自賠責保険料は戻ることはないですが、査定の時の印象にもプラスになるので落ち込むことありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加