改造した場合の影響について

かなりの車好きな人ならば、購入した車にパーツを取り付けて、自分の好みに合う様にドレスアップやチューンアップを施す、という人も少なくないものです。

ですがそうやって自分で手を加えて改造した車を、中古車として売却に出す際に、査定でどの様に評価されるのか気になるものです。

需要で言うと、はっきり言って改造した車よりも、ノーマルな状態の車の方が中古車としての需要が高いです。
そのため、あちこちの中古車販売店に持ち込んだ際、ノーマルな状態の車の方が査定価格が高く付き易いです。
特にエアロパーツやマフラー、足回りといった走りや音といった部分を大きく改造してしまうと、中古車査定としては厳しい結果が出る可能性が高いです。

なのでそういった場合は、改造したパーツを外して、そのパーツをパーツ専門店に売却するといった方法を行った方が高く売るチャンスが生まれ易いです。

とはいえ、改造した車が全て、中古車査定において悪影響となる訳ではないです。特にカーナビやオーディオといった部分は、元に付いていた物より高性能化していれば、高値が付く可能性があります。

更に最近では、ドレスアップした車の専門店も存在しています。なのでそういった専門店に持ち込めば、マニア受けの良い改造車なら高値が付く可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加