所有者が死亡した場合の中古車査定

現在では中古車の買取りに関しては、全国的に展開されている買取り業者も多く、パソコンなどからインターネットを利用することによって、比較的簡単に中古車査定を行って頂くことが可能とされています。

数多くの中古車査定を行っている業者から見積もりを提示してもらうことが基本とされていて、その中でも比較的高値で売却できる業者選びを行うこともおすすめになります。

そんな中、中古車の所有者が死亡してしまい、その後に売却を行う方の場合では、所有者本人にしか売却する権利が無いために、最初には所定の手続きを済ませておくことが必要とされています。

例えば身内の方が死亡した場合では、一般的にはその家族が相続人となるために、最初に自動車を相続する人を決めることが求められています。

その後には自動車の名義変更を行うことが必要とされていて、その際に必要としている書類に関しては、相続人が確認することのできる戸籍謄本、元々の所有者である死亡された方の除籍謄本、相続人の印鑑証明、車庫証明書などが必要とされています。

査定を受けて売却を行うには、自動車の所有者であることが求められているために、生存している所有者に切り替えを行ってから、査定を受けることが基本とされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加