買取前に外装部分で注意するべきポイント

車の買替えをおこなう際、今まで乗っていた車を中古車として買取ってもらう方も多いのではないでしょうか。

しかし長年乗ってきた車は所々に凹みやキズがあり、外装の表面にはこまかいキズが入っていることでしょう。つい見逃しがちなホイールのサビや欠けなども案外目立つため、査定価格のダウンに繋がってしまう可能性があります。

これから売る車にお金をかけるのは納得がいかない、という方もいらっしゃいますが、内装や外装に気を配られていた車は、オーナーから大切に扱われてきた車であると見られる傾向にあります。

たとえ中古車であっても、きれに掃除をしてピカピカの内装や外装にして査定に出すことで、プラスに加算され、高めの価格で引き取ってもらえることが多いのです。

今乗っている中古車をこれから買取ってもらおうと考えている方は、査定前にあらかじめ低価格で販売されている研磨剤やワックスなどを購入し、丁寧に磨いておくことをおすすめします。

これは長年お世話になった中古車を気持ちよく送り出すための礼儀でもあり、買取側に対する礼儀でもあります。査定を前に今一度、清掃や洗車、ワックスがけという形で、自分たちの命を守りながら走ってきた「車」に感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加