走行距離について

中古車査定を受ける上で、特に重要なポイントとなってくるのは走行距離です。

日本の車はとても丈夫にできているため、メンテナンスさえしっかりとしていれば何十万キロと乗ることが可能です。
しかし、中古車査定の世界では走行距離が10万キロを超えてくるとたちまち減額の対象となってしまい、査定額が大幅に落ちてしまうことがあるのです。

いくら丈夫な日本の車といえど10万キロを超えてくるといろいろな部分が消耗してきます。
そのような部分は交換することで、元の状態に戻すことができる場所ばかりですがそれらを全て修理していてはお金がかかってしまいます。

また、状態が元に戻ったからといって日本ではそのような車の扱いは金銭的な価値の無いものになってしまうので、余程のこだわりがない限り、買い替えたほうが得だという状況になってしまうのです。

そのため、車の売却を考えていて中古車査定を受けようと思っているのであれば、まず走行距離を目安として売却する時期を決めることにしましょう。

10万キロを超えても乗り続けるつもりであるなら別ですが、10万キロ前後で中古車買取に出すことを検討しているのであれば、早めに売却したほうが良いということも多くあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加