下取りと買取の違い

17
車を乗り換える時の手段として、下取りがあります。

この方法は車の入れ替えがスムーズに行うことができることと、車を購入する店と下取りする店舗が同じであるために手続きが簡単だという利点があります。

しかし、この方法は車を高く売るということに関してはあまり期待を持つことができません。

そのため、車を少しでも高く売りたいというのであれば、中古車買取業者を回って査定を受けて一番高い査定をだした中古車買取業者に車を売却するのが一番高く売ることができます。

それではなぜ、下取りと中古車買取ではこのように大きな違いがでるのかというと、下取りをしてくれる業者は車の販売をメインにしているため、引き取った車を販売するのはあまり得意ではありません。

そのため、高い査定を付けて車を引き取るということが出来ずまた下取りした車もそのまま中古車買取業者に流すことなどもあるために、高い査定額がつかないのです。

一方の中古車買取はそのまま買取をした車を販売することを目的としているため、ある程度の利益が見込める車であるのなら、他社に取られる前に買取ったほうが得だと考えることが出来るために、下取りよりも高額な査定を提示することができるようになっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加