中古車査定と印鑑証明

36
中古車売却時には事前に査定を受けて、その査定価格に納得ができれば売却という流れになります。この際に中古車引き取り業者からは、自動車検査証いわゆる車検証の所有者の印鑑証明を求められます。

このため、所有者がローンなどがあるためローン会社などの別人の場合や、あるいは購入者が若いためにその親が所有者になっている場合は、いずれにしても所有者の印鑑証明が必要なためにそれぞれのローン会社や親など車検証上の所有者に印鑑証明を依頼する必要があります。

書類で必要なものについては代理取得するため中古車業者が委任状を求めてくると考えられますが、所有者の名義が異なる場合にはそれは中古車の査定を依頼してきた人に取得するよう促してくることが考えられます。

中古車業者からすれば当然の話で、その車検証上の所有者とは直接の面識がない以上は、どうしても査定を依頼してきた人に頼むしか方法がありません。

何らかの事情によりその所有者が印鑑証明を出さないということになれば、買取り自体できないということになります。
特にローン会社などが所有権を留保している場合には、ローンが完済されない限りは普通所有権留保を解除はしませんので、結果売却できないという流れになってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加