普通自動車を売却する際に必要な書類

中古車のうち普通自動車の売却を考える際には、一般的にあらかじめ査定を依頼することになります。その査定価格で納得がいくのであれば、中古車業者などに売却という流れになりますが、その際に必要な書類としては、所有者の印鑑証明が必要になります。

普通自動車を買い取る業者側が大抵の場合様々な書類をそろえて名義変更あるいは抹消登録といった手続きを行うことになりますが、中古車を売却した側が提出するべき書類もあります。必要な書類としては売る側の所有者の印鑑証明です。
これがないと名義変更も抹消登録もできません。
もしローンなどが残っていて所有権をローン会社や自動車業者が持っている場合には、所有権留保を解除してもらう必要があるので、ローンの残りを速やかに支払う必要があります。

それ以外に必要な書類は業者によって求めてくる場合と求めてこない場合があり様々ですが、自動車税の領収書などを求めてくる場合もあります。

買取を依頼した側も、査定結果の書類や買取承諾書などは振込等がなされて受け取るまで、大切に保管しておくことが必要です。

中古車査定は素人が依頼するとどうしてもその足元を見られがちですから、ちょっと強気に交渉するつもりで話をしたほうが良い場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加