戸籍抄本が必要な場合

中古車の売却に際しては、車を査定してもらう必要があることはもちろん、書類を揃える必要もあります。
中古車査定手続きに必要な書類があるので、それを不足なく揃えなければなりません。
年齢確認ができるもの(免許証など)、リサイクル券、自動車登録専用譲渡証明書、自動車登録専用委任状、印鑑証明書、自賠責保険勝、自動車検査証です。

自動車検査証とは、いわゆる車検証のことをいいます。
印鑑証明書については、3ヶ月以内に発行されたものが必要です。
また、事情によって戸籍抄本が必要になることもあります。
戸籍抄本が必要になるのは、結婚による苗字変更がありながら、自動車の名義人を変更していたなかったときです。
車両の査定額が決定したらいよいよ中古車買取となりますが、その買取手続きの際に必要になる書類が上記のものとなります。

中古車買取では戸籍謄本や戸籍抄本が必要になることもありますが、両者はそれぞれ違う書類になります。
戸籍謄本は戸籍原本を全て複写したもの、対する戸籍抄本は必要な人の部分だけを複写したものです。
中古車の買い取り手続きは、査定額に納得した後に行われます。
戸籍抄本の発行申請は、現住所と本籍地が同じである場合には、市町村役場で手続きを行うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加