ダークカラー、傷の多い車を売るときは?

ダークカラー、傷の多い車を売る(査定する)ときは?
査定する業者の営業マンは、毎日何台もの車を査定していますから、その目はなかなかごまかせません。

ですが、査定に出すクルマがキズの多い車だったり、黒や濃紺のダークカラーの車(ダークカラーは小さなキズが目立ちやすいのです)だったら、今から書く方法でちょっとだけ査定額がアップするかもしれません。

上記の様な車を査定する時は「雨の日」または「夕暮れ時」に査定をセッティングしてください。

ダークカラーの車は雨の日に査定しよう!

水滴に濡れているボディーは小さなキズがほとんど分かりません。

この事は査定に来た営業マンももちろん知っていると思いますが、知っていても実際に小キズが目立たなければ、その辺はどうしても甘い査定になってしまいます。
また、夕暮れ時も同じく小さな傷や擦り傷をうまく隠してくれます。

査定する業者はとても忙しいので「晴れている日中にもう一度査定させてください」なんて絶対に言いません。

それよりも「今、この時に、この1台を買う」ことが彼らにとってはとても重要なのです。

ですから、できるだけその日に契約して買い取ろうとします。彼らには厳しいノルマがあるのです。

大きなヘコミや損傷はごまかせませんが、ダークカラーの車の細かい擦り傷程度でしたら、雨や夕暮れがうまくカモフラージュしてくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加