中古車の販売価格について

プライスボード
私が働いていたディーラーでは中古車販売をやっていなかっため、下取り車があると系列の中古車販売店に卸していました。
ディーラー系の中古車販売店ですと車種や年式によって細かい検査基準があり、それに沿って中古車の販売価格が決められます。

ディーラー系は変な車を売ってしまうと会社の信用問題になってしまうので、中古車も結構厳しい基準で審査されたものが店頭に並んでいます。ですから中古車を買うのであればディーラー系の中古車販売店で買うのがオススメです。

では、ディーラー系以外の中古車販売店ではどのような基準で査定して中古車の値段を付けているのでしょうか?

一応社内基準のようなものがあるところもあるみたいですが、ディーラー系ほどキッチリと基準のようなものがあるわけではないようです。

カーディーラーに勤務していた当時、他の地元の中古車屋さんとも付き合いがあったのですが、彼らがどのように中古車の売値を決めているかと言うと、大体の相場を「カーセンサー」などの中古車雑誌で調べて、それを元に値付けしているようでした。また、仕入れ値プラス30万円が目安の売値でした。

この「仕入れ値プラス30万円」というのはわりと妥当な金額だと思います。

と言うのも、ディーラー系中古車販売店が社内基準に照らし合わせて出した中古車の売値も「仕入れ値プラス30万円」くらいに落ち着く事が多いのです。

では、同じような車で価格差があるのはどうしてでしょうか?

色々な要因があるので一概には言えませんが、価格差が出やすいのは以下の要因です。

ボディーカラーによる価格の違い
車種によって人気の色は異なりますが、一般的にパールホワイトは人気がありますので、同一車種の不人気色とパールホワイトでは、場合によっては30万円くらいの価格差になる事があります。
パールホワイトの車を中古車一括査定に出そうと思っている方は、実際の査定時に「人気色のパールホワイト」ということを是非アピールしてください。
走行距離による価格の違い
これは言わずもがな、ですね。一般的に、走行距離1万キロに対して10万円くらいの価格差があると思います。
オプション品による価格の違い
中古車業界で言われている「三種の神器」と呼ばれるオプションパーツがあります。
「三種の神器」とは、サンルーフ、本革シート、マルチビジョンの3つ。中古車屋さんの間では「屋根、革、マルチ」なんて呼び方をしていました。
この「屋根、革、マルチ」は高級車にあるオプションですが、これが付いていると査定時に10万円~20万円くらいの査定アップが見込めます。
が、オプションパーツの査定はちょっと気を付けなければならない事があるのです。

詳しくは オプションパーツについてをご覧になってみてくださいね。

ミッション形式による価格の違い
最近の車はMTの設定が少なくなりましたが、中古車の中にはまだまだMT仕様の車が数多くあります。
もちろんMTよりATの方が査定が高い(と言うより、MTの査定が安くなる)です。
修理歴による価格の違い
これも言わずもがな、修理歴のある車ですと、無い車よりも20万円くらいは安く店頭に並びます。
と言うことは、査定の際も安く査定されるという事です。
査定の際には修理歴がある場合には正直に申告した方がいいかと思います。
小さなヘコミ程度ならいざ知らず、それなりの修理をした箇所は、査定マンにはかならず判ってしまう物ですから。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加