外車の査定で有利なのは左ハンドル?右ハンドル?

外車の査定で有利なのは右ハンドル?左ハンドル?
右側通行国のメーカーの車は左ハンドルです。(当たり前ですね)
日本は左側通行なので、日本車は右ハンドルですが、最近の外車は、デフォルトが左ハンドルでも、日本市場に向けて右ハンドル車を生産しているメーカーが多くあります。
例えば、BMWやベンツはドイツ車ですので、本国仕様は左ハンドルですが、左側通行の国に合わせた右ハンドル車も生産しています。

世界中で日本だけが右ハンドルというワケではないので、日本以外の左側通行の国々にも輸出、あるいは現地生産されていますが、日本は大きなマーケットなので、主に日本向けに右ハンドル車を製造していると言っても過言ではないかもしれません。
日本以外で左側通行を採用している国は


アジア

マカオ

日本

香港

東南アジア

インドネシア

シンガポール

タイ

ブルネイ

マレーシア

東ティモール

ヨーロッパ

アイルランド

イギリス

マルタ

オセアニア

オーストラリア

キリバス

クック諸島

ソロモン諸島

ツバル

ナウル

ニウエ

ニュージーランド

パプアニューギニア

フィジー

米領サモア

南米

ガイアナ

スリナム

アフリカ

ウガンダ

ケニア

ザンビア

ジンバブエ

スワジランド

セイシェル

タンザニア

ナミビア

ボツワナ

マラウイ

モザンビーク

モーリシャス

レソト

南アフリカ

中東

キプロス

南アジア

インド

スリランカ

ネパール

バングラデシュ

パキスタン

ブータン

モルディブ

意外と多い様な気がしますが、良く見るとメジャーな国はあまりありませんね。
日本とイギリス、インドくらいでしょうか?
やっぱり世界的には右側通行がメジャーみたいですね。

では、右ハンドルの外車(中古車)と左ハンドルの外車(中古車)では、どちらの仕様が高く買い取ってもらえるのでしょうか?

答えはズバリ「左ハンドル車」です。

左側通行の日本で使うのだから右ハンドルの中古車の方が高く買い取ってもらえるのでは?と思うかもしれませんが、外車に至っては少々事情が異なってきます。

外車=右ハンドル!?

外車を好む人は、車の実用性よりも趣味性や嗜好性を重視する人が多いです。
「大好きな映画の主人公が乗っていたあの車に乗りたい「」好きな歌の歌詞に出てくるあの車に乗りたい」「子供の頃、雑誌で見て以来憧れていたあの車が欲しい」などなど、国産車を選ぶ場合の動機とは違った理由で外車を選ぶ人が少なくありません。
その場合、本国仕様のオリジナルな車、当然ハンドルは左ハンドルという事が重要になります。ですから、日本の道路事情である左側通行に準じた右ハンドル仕様の外車は選ばないのです。

また、外車(とりわけ高級外車)をステータスシンボルとして購入する人も少なくありません。
このような人にとって、ひと目で外車と判断される左ハンドルは重要な購入動機になります。

外車を購入する人は日本車とは違った動機で購入するのです。これは新車でも中古車でも同じこと。
ですから、中古車一括査定でも、外車だったら左ハンドル車の方が高い査定金額が出る事が多いのです。

海外への輸出

海外へ中古車として輸出する際にも、左ハンドルの車は人気があります。
世界の多くの国々は右側通行なので、左ハンドル車は輸出した国で販売しやすいのです。


アジア

モンゴル

中国

北朝鮮

台湾

韓国

東南アジア

カンボジア

フィリピン

ベトナム

ミャンマー

ラオス

ヨーロッパ

アンドラ

イタリア

オランダ

オーストリア

サンマリノ

ジブラルタル

スイス

スペイン

ドイツ

バチカン

フランス

ベルギー

ポルトガル

ポーランド

モナコ

リヒテンシュタイン

ルクセンブルク

東ヨーロッパ

アルバニア

アルメニア

ウクライナ

ギリシャ

クロアチア

スロバキア

スロベニア

チェコ

トルコ

ハンガリー

ブルガリア

ベラルーシ

ボスニア・ヘルツェゴビナ

マケドニア

モルドバ

ルーマニア

北欧

アイスランド

エストニア

グリーンランド

スウェーデン

デンマーク

ノルウェー

フィンランド

ラトビア

リトアニア

オセアニア

ウェーク島

グアム

サモア

トンガ

ニューカレドニア

バヌアツ

パラオ

フランス領ポリネシア

マーシャル諸島

ミクロネシア連邦

北マリアナ諸島

北米

アメリカ

カナダ

サンピエール島・ミクロン島

南米

アルゼンチン

アルバ

ウルグアイ

エクアドル

コロンビア

チリ

パラグアイ

フランス領ギアナ

ブラジル

ベネズエラ

ペルー

ボリビア

アフリカ

アルジェリア

アンゴラ

エジプト

エチオピア

エリトリア

カナリア諸島

カメルーン

カーボベルデ

ガボン

ガンビア

ガーナ

ギニア

ギニアビサウ

コモロ

コンゴ共和国

コンゴ民主共和国

コートジボワール

サントメ・プリンシペ

シエラレオネ

ジブチ

スーダン

セネガル

ソマリア

チャド

チュニジア

トーゴ

ナイジェリア

ニジェール

ブルキナファソ

ブルンジ

ベナン

マダガスカル

マリ

モロッコ

モーリタニア

リビア

リベリア

ルワンダ

レユニオン

中央アフリカ

赤道ギニア

中東

アゼルバイジャン

アフガニスタン

アラブ首長国連邦

イエメン

イスラエル

イラク

イラン

オマーン

カタール

クウェート

サウジアラビア

シリア

ジョージア

バーレーン

ヨルダン

レバノン

中央アジア

ウズベキスタン

カザフスタン

キルギス

タジキスタン

トルクメニスタン

右側通行を採用している国はこんなにたくさん!
左側通行は世界の中では少数派なんですね。
ちなみに世界中の道路の総距離での割合ですが、左側通行10%、右側通行90% です。
右側通行圧倒的!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です