F1を見に行く時は要注意!東名高速道路集中工事

F1を見に行くときは要注意!東名高速道路集中工事
私はハコ車(GTカー)のレースの方が好きなので、F1にはあまり関心が無いのですが、それでも最近やっと調子が出てきたホンダがホームの鈴鹿サーキットでどんな結果を残すか、こんな私でもちょっと興味があります。

この鈴鹿サーキットで行われる今年のF1日本グランプリですが、日程は下記のようになっています。

6日(木)ピットウォーク [メインゲートオープン 8:30~]
7日(金)フリー走行   [メインゲートオープン 8:00~]
8日(土)予選      [公式予選 15:00~16:00]
9日(日)決勝      [決勝レース 14:00~16:00]

決勝当日は鈴鹿サーキット周辺が非常に渋滞するので、車で行こうという人は少ないかも知れませんが、6日や7日から車で行ってF1を満喫したい!という人も多いかと思います。そこで注意していただきたいのが「東名高速道路の集中工事」です。

東名高速道路の集中工事

この集中工事、期間は10月3日~10月7日24時まで、規制区間は東名全線 東京IC~春日井IC(上下線)となっています。
特に7日までに東京方面から鈴鹿入りする人は、必ず規制に当たります。
6日(木)のピットウォークは11時15分が最終入場、東コースウォークは11時30分が最終入場時間となっています。
この日はF1ドライバーのサイン会に参加できる抽選会がありますから、これがお目当ての方で東名高速を利用して鈴鹿に行かれる方は、時間に余裕を持ってお出かけください。
また、7日(金)のフリー走行は写真を撮る方にとっては絶対に外せない日ですよね。
この日のフリー走行は2回、10:00~11:30と14:00~15:30に行われます。(3回目は8日の12:00~13:00)各回わずか1時間半しか時間がありませんから、東名高速の集中工事に引っかかりそうな方は注意してください。

ちなみに、この集中工事ですが、台風18号の影響により、規制計画が変更になるようです。変更の内容に関してはまだ告知されていないようですが、最悪の場合、集中工事が延期になることも考えらます。そうなると、7日までの予定が、F1の予選や決勝の行われる8日や9日まで集中工事が行われるかもしれません。
東京方面から、東名高速道路を利用して鈴鹿サーキットに行かれる方は、十分にお気をつけください。
また、レースが行われる日の鈴鹿サーキット周辺は絶対に大渋滞しますから、できれば車以外の交通機関を利用して観戦に行く方が良いと思います。
鈴鹿サーキットへの生き方は、下記の鈴鹿サーキット アクセス案内をご参考にしてください。

2016年 F1日本グランプリは終了いたしました。

私も過去に何回か鈴鹿サーキットへレース観戦に行きましたが、いつも新幹線-近鉄-バス(タクシー)を利用していました。
F1は観戦したことがないので分かりませんが、特に混雑や渋滞に遭った記憶はありません。

以前、GTカーレースの鈴鹿1000km観に行った時は、予選の日に鈴鹿へ入り、予選を観てから宿のある名古屋へ戻って名古屋で一泊。
この日の夜は友人と名古屋名メシをたらふく食べました。せっかくの外泊ですから、レース以外も楽しんでおきましょう!
次の日は決勝レースを観て、帰りがけにまた名古屋で名古屋メシ!
満腹状態で新幹線に乗り、爆睡して気がつけばもう東京!という感じでした。

鈴鹿サーキット、帰りの方が大変です

また、帰りですが、プロ野球観戦と同じで、皆一斉に帰ろうとするので、帰りの方が混雑します。
特に白子や名古屋行きの臨時バス乗り場、タクシー乗り場は非常に混雑します。
また、帰りのバスやタクシーは必ず渋滞に巻き込まれます。
ですので、帰りはバスやタクシーを使わず、鈴鹿サーキット稲生駅まで歩いて電車を利用する方が絶対に良いです。鈴鹿サーキットから鈴鹿サーキット稲生駅までは約1.5km、歩いても15分~20分くらいです。

モータースポーツの最高峰と言われるF1、そりゃ人も大勢見に来るってもんです。
写真撮影メインの人は機材が多いでしょうから車で行かなければならないと思いますが、観戦目的でしたら車で行かない方が絶対にいいと思います。

鈴鹿サーキットF1観戦豆情報

ちなみにカメラですが、全長が26cm(ボディ、レンズ、カバー等すべてを含む一番長い距離)を超えるカメラは観客席での使用不可になっています。(金曜日の自由席エリアは使用可)
大きな望遠レンズを利用して撮影メインでF1観戦に行かれる方は、コース各所に設けられた撮影エリアで撮影できるカメラマンエリアチケット(3万9100円~)を購入するのが良いでしょう。高いですね!

また、当日は鈴鹿サーキットの場内FM放送「Pit-FM」が放送されます。これを聴きながら観戦すると、自分の居る場所から見えない場所でのレース状況も分かりますし、絶対に観戦が楽しくなります。FMラジオが聴けるスマホを持っている方は、専用のイヤホン(FMアンテナ共用)をお忘れなく!
ちなみに観客向けFMラジオのレンタルもあるようですが、数に限りがありますし、返却するのも面倒ですので、持参した方がよろしいかと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です