中古車の査定額はボディーカラーでこんなに違う!

中古車の査定額はボディーカラーでこんなに違う!

ボディーカラーで変わる査定金額


中古車を売却する場合、車の状態や年式、オプションパーツなどが査定額を左右しますが、その車のボディーカラーも査定額に少なからず影響を及ぼすという事をご存知でしょうか?
中古車の査定額に置いて、その車の状態が一番大きなウェイトを占めるのはもちろんですが、ボディカラーも場合によっては30万円くらいの査定額の増減に影響する場合があります。

どのような車種でも人気色、不人気色と言う色があり、もしも年式や走行距離、車の状態が同じ車で、ボディーカラーのみが違う車があった場合、不人気色の車よりも人気色の車の方が高額査定になります。

スタンダードカラーとトレンドカラー

車のボディーカラーには、「スタンダードカラー」と「トレンドカラー」があります。
スタンダードカラーというのは、性別、年齢、流行を問わずいつでも一定の人気がある色で「白」「黒」「パールホワイト」が日本の中古車市場のトレンドカラーと言われています。

このトレンドカラーは高級車になればなるほど選ばれる傾向にあります。一般的に、赤や黄色、オレンジなどの色は高級車にとって不釣り合いな印象があるため、スタンダードカラーと比べると明らかに査定額が低くなる傾向にあります。

また、中古車は需要と供給のバランスが最も顕著に出やすい市場ですので、需要の多いスタンダードカラーは売れやすい車と言えます。そのため、赤やピンク、オレンジやグリーンなどの原色系のボディーカラーの車は中古車市場で売れにくいため、一部の例外を除いてどうしても査定価格が低くなりがちです。

同一車種、同一グレード、年式、走行距離も同じ2台の車で、片方がスタンダードカラー、片方が不人気カラーの車の査定額を比べた場合、軽自動車では約3~5万円、普通乗用車で5万~10万円、500万円以上の高級車になると数十万円の差が出る事もあるそうです。

最近は、車種によって必ずイメージカラーというモノが存在します。
その車のイメージカラーは、カタログやパンフレットの表紙になっている車の色や、TVCMに出てくる車の色ですね。
最近では、トヨタのシエンタが鮮やかなレモンイエローのイメージカラーで登場しています。
このイメージカラーはテレビや雑誌、インターネットの広告などで頻繁に目にすることが多く、ユーザーへの訴求力が大きいので、発売時は売れ筋の人気色になる事があります。これがいわゆるトレンドカラーです。

また、その車やメーカーの「おなじみの色」というボディーカラーも存在します。
有名なのは「フェラーリだったら赤」「ベンツだったらシルバー」などです。
国産車にはこのような「この車だったらこの色}というボディーカラーはあまり存在しませんが、2シーターのスポーツカーなどは、定番の白よりも赤や青といったボディーカラーの方が人気がある場合もあります。
このような若者が好むスポーティーな車種は、定番の白ですと商用車みたいでカッコ悪いというイメージがあるようです。

車を購入するときは、もちろん好みのボディーカラーの車を購入すると思いますが、その車を長く乗る、あるいは廃車にするまで乗り潰すと言った場合以外は、売却時のリセールバリューを考えた上でボディーカラーを決めた方が良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です