闇車検って知ってますか?

闇車検は犯罪です
「闇車検」あるいは「裏車検」「ペーパー車検」という言葉を聞いたことがありますか?
普通にまっとうな社会生活を営んでいる場合にはまったく関係ない話ですが・・・

ちょっとでも車関係、バイク関係の仕事に関わっている人ならばたぶん知っていると思います。
闇車検とは、本来は車検に通らないような違法改造車や整備不良車などを、正規の手続きなしに車検に合格させて車検証を発行する行為のことです。また、違法改造などを施していない車も、手間や時間を省くために闇車検を通してしまう場合もあります。
いずれにせよ、完全に違法行為です。

車を持っていると一定期間ごとに車検を受けなければなりませんよね。正直言ってメンドクサイ。メンドクサイだけならまだしも、結構費用がかかりますよね。ましてやカスタムや改造している車だと、いちいち車検に通る状態に戻さないとならない・・・
ここに闇車検屋がつけ込んでくるのです。

闇車検って何なのか?

通常の車検は、道路運送車両法に則った安全基準に従って点検整備された後、車体検査を受けます。本来は運輸局へ車を持っていって検査を受けるのですが、すべての車が運輸局へ殺到したらエライことになってしまいます。
そこで車体検査手続きを民間の工場に委託し、わざわざ運輸局へ車を持ち込まなくても車検を受けられるようになっているのです。
この民間の整備工場のことを「指定整備工場」と言います。

指定整備工場は民間車検場とも呼ばれ、陸運局と同じ検査ラインを工場内に設置しており、高額な検査機器と国家資格者(国家整備士)が常駐しています。通常は、陸運局の検査基準よりも厳しい検査基準で車両検査をしています。

指定工場での車検は、書類の手続き以外は工場内で完結してしまいます。工場内で検査をし、合格と判断されれば書類を陸運局に持って行って書類手続きをするのみ。陸運局に車両を持ち込んで、陸運局が現車を確認することはありません。

このシステムを悪用して「闇車検」「ペーパー車検」が行われます。

闇車検は点検整備をまったく行いません。
民間車検場で検査を行って合格したことにして、書類を陸運局に提出し、車検証が発行されます。
違法改造した車や車検に通りにくい外車などが闇車検を利用していると言われています。

依頼者も捕まります!

現在はどうかわかりませんが、私がディーラーに勤めていた頃は結構この「闇車検」のウワサを耳にしました。
実際に闇車検を行っていた近くの指定工場が摘発されたこともありました。

闇車検が摘発されると、実際に闇車検を行った業者や指定工場のみでは無く、依頼した側(車のオーナー)も贈賄の罪で摘発されます。

「私の車は違法改造なんかしていないし、大丈夫だ!」

まぁ、確かにそうなんですが、以前にこんな話を聞いたことがあります。

その地域では指定工場が乱立していて、規模の小さな工場は経営がかなり切迫していました。
そこで工場の経営者は闇車検に手を出したのですが、違法改造車などを相手にしているだけでは飽き足らず、事情をよく知らないオバサンとか高齢者を狙ったのです。

「あー、私のクルマ、そろそろ車検だけどお金無いわー」
「車検だったら安くて1日で通してくれる業者知ってますよ」
「え?そうなの!よかったー!ぜひ紹介して!」

このような、車事情に疎い主婦や高齢者ドライバーを相手に闇車検を行って荒稼ぎしていたということです。

点検整備などは一切行わず、書類を持って陸運局に行くだけですから簡単なモノです。通常の車検費用より安く請け負っても損することはありません。
ですが、この業者も暫く後に摘発されました。

バレた原因ですが、この工場で闇車検を受けた車が事故を起こし、その事故原因がブレーキの不具合。しかしこの車両は1ヶ月前に車検を受けたことになっていたのです。
原因究明のために車検整備を受けた指定整備工場に警察の捜査が入り、この工場が闇車検を行っていたことが発覚したそうです。
そして、この工場で闇車検を受けた車両のオーナー全員が書類送検されたと言う事です。

日本の車検制度自体に色々問題があるとは思いますが、法律で決まっている以上はどうしようもありません。
車検は信頼できる指定工場やディーラーに依頼して行ったほうがいいでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です