知っておきたい、車検整備工場の違い

車検整備工場の違い
車を買ったら絶対に受けなければならない「車検」
車検の時、どこへ車検整備を依頼しますか?
新車で買った車なら、ほとんどの人がディーラーへ持って行くと思います。

では中古車だったら?
中古車でもメーカーのディーラーへ持っていく人が多いかと思いますが、近くにディーラーが無い場合は最寄の整備工場へ行きますね。
その自動車の整備工場、大きく分けて二種類の形態があるのです。

認証工場

自動車の整備を行う工場は、地方運輸局長の認証を受けなければ工場として営業できません。(道路運送車両法第78条第1項)この「認証」を受けた自動車整備工場の事を「認証工場」と呼びます。
認証工場は、定められた一定の規模の整備工場と機器、有資格者が従事する工場が申請した場合、地方運輸局長が認証することにより認証工場として認められ、認証工場として営業できます。
例えば、この認証工場に車検を依頼した場合、認証工場で車検整備をした後、車検場に車を持って行って検査を受けます。

指定工場

認証工場の中で定められた基準に適った設備や技術、そして自動車の検査設備を持ち、自動車検査員が常駐し、自動車の検査や点検について検査基準に適合していると認められる整備工場について、地方運輸局長が指定自動車整備事業の指定を行った工場は指定工場の指定を行っています。
指定工場に車検の依頼をすると、その指定工場で自動車検査員が検査を行い、保安基準適合証を交付することができます。要するに車検場へ車を持っていかなくても車検が通せるのです。

認定工場と指定工場、車検はどっちへ出せばいいのか?

認定工場と指定工場、どちらも国家二級整備士が整備を行い、法律で定められた設備や工場を持っていることに変わりはありません。
(検査機器などの違いはあります)
ですが、認定工場は、陸運局へ車をわざわざ運び、決められた検査を受けて合格しなければ車検証は発行されません。
陸運局まで車を持っていかなければならないという事は、それだけ時間も手間もかかりますし、その間は代車を出してもらって使わなければなりません。しかも代行手数料なんて料金を取られる場合もあります。
指定工場で車検を受ければ、陸運局まで車を持っていかなくても良いため、認証工場へ依頼した場合に比べて短い時間で車検を済ませることが出来ます。場合によっては1時間ほどで済む事もあります。
費用も代行手数料が要らないため、認証工場よりも安く済ませる場合が多いです。

車検を依頼しようとしている整備工場が「認証工場」なのか、「指定工場」なのか、確認してから車検整備をしたほうが時間と費用の節約になります。
認証工場、指定工場ともに、工場内の見やすい位置に下記の指定様式のプレートを掲げる事になっていますので、一目瞭然です。

自動車整備工場プレート

ちなみに、以前は「認証工場」「認定工場」「指定工場」の3種類に分類されていました。
認定工場は、認証工場の中でも特に優秀な技術や設備を持った工場で、以前は指定工場になるためには認証工場→認定工場→指定工場という順序で認定を受けなければならなかったのですが、現在は認定工場にならなくても認証工場から直接指定工場になることができるため、認定工場の資格取得は行われていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です