おじいちゃん歳だから車乗らないんだって。じゃあ自動車保険も解約ね!ってちょっと待った!

おじいちゃん歳だから車乗らないんだって。じゃあ自動車保険も解約ね!ってちょっと待った!
最近はドライバーの高齢化が進んでますね。それに伴い、高齢者ドライバーの事故も多くなってきています。
「高齢者ドライバーが高速道路を逆走」などというニュースも、以前と比べて頻繁に聞くようになりました。

高齢者ドライバー

一般的には75歳以上のドライバーを高齢者ドライバーと呼んでいるようですが、平成27年の全国の免許保有者の数はおよそ480万人。
そのうち75歳以上で認知症にあたる人は数十万人いるという推計もあります。
各自治体は高齢者ドライバーに対して「運転免許の自主返納」を奨めており、免許を自主返納した高齢者には様々な特典やサービスが受けられる様に支援する例も見られます。

上記のような取り組みが各地で行われるようになり、徐々にですが高齢者ドライバーの免許返納が増えてきたようです。

自動車保険の等級は「資産」

もしご自宅に免許を返納しようとしておられる高齢者ドライバーの方が居て、返納と同時に車を売却、もしくは廃車にしようとしているのであれば、ちょっと気をつけていただきたい事があります。
それは「自動車保険の等級について」です。
「もう車乗らないから保険もほったらかしでいいや」なんて思わないでください。
免許を返納する方名義で自動車保険に加入していませんか?また、その自動車保険はかなり「等級」が上がって年間の保険料が安くなっていませんか?
自動車保険は、加入してから事故も起こさず継続していると、1年ごとに等級が上がって保険料がどんどん安くなっていきます。
特に高齢者ドライバーの方は長い間無事故で保険を継続している方が多く、最高の20等級になっている場合は、ある意味ひとつの「資産」ですので、免許返納と共にこの資産を捨ててしまうのはすごくもったいないです。
この資産とも言える自動車保険の等級を引き継ぐことができる「中断証明」というものがあるのです。

中断証明って何だ?

自動車保険の中断証明書とは、一時的に自動車に乗らなくなった場合、保険を中断することで、次の保険加入時に今までの等級を引き継いで契約できる制度の証明証書です。

「でも免許返納するからもう車には乗らないし・・・」

確かにその通りなんですが、この中断証明は本人以外の同居の親族にも適用できるんです。
たとえば、おじいちゃんやおばあちゃんが高齢で免許を返納した場合、中断証明書を発行しておけば、息子さんやお孫さんが車を購入して新たに自動車保険に加入するときに、おじいちゃん、おばあちゃんの保険の等級を引き継ぐことができるんです!

通常、新規で自動車保険に加入した場合、6等級からのスタートです。この場合の保険料は、1等級から比べて19%割引ですが、最高の20等級だと63%割引。6等級から20等級までは保険無使用で14年もかかりますから、この中断証明書を活用しない手は無いですね。

中断証明書の発行シチュエーション

もちろん免許の返納以外にも中断証明書を発行しておくと便利なケースは多々あります。

今までは地方に住んでいて車が必要だったが、都心に転居ので車が不要になった。
海外赴任になったので、しばらくは国内で自動車を利用しない。
結婚して双方が車を持っているため、片方の車が必要なくなった。
長期入院でしばらく車を使用しないので一時的に廃車にする。

などなど、暫く(または永遠に)自動車を運転しない、一時的に車を廃車にするなど、かつ現在の自動車保険の等級が7等級以上であれば、中断証明書を取得しておいてソンはありません。

中断証明書どうやって取得する?

中断証明書の発行条件は

保険の契約満了日までに廃車、譲渡、返還(リースなどの場合)されていること
保険の等級が7等級以上であること

上記以外にも、保険会社によって条件があるばあいがあります。一部の保険会社では妊娠や長期海外滞在の場合に、自動車が手元にあり、車検が残っていても中断証明を発行してくれる場合があります。
また、必要書類なども会社によって異なる場合がありますので、現在契約してる保険会社に問い合わせてみてください。

中断証明書を取得する際の注意点

中断証明書を使い、等級を引き継いで保険を契約できる期間は、保険を中断してから10年以内、かつ新しい車を取得してから1年以内というのが一般的です、ですが、保険会社によっては1ヶ月以内という場合もあるようなので、必ず保険会社に確認しておきましょう。
また、新しく契約する保険会社は、以前の保険会社と同じで無くても構いません。今流行の通販型でも大丈夫です。

知っていれば絶対トク!

親族であれば自動車保険の等級を引き継ぐことができる「中断証明書」。結構この事って知らない方が多いのです。
1年に1等級づつ上がって保険料も安くなる「等級」は、立派な資産です。
中断証明は簡単な手続きで発行して貰えますし、再発行も可能です。自動車に乗らなくなったからと言って簡単に保険を解約してしまわずに、親族に引き継いで保険料を節約するのが吉!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です