自動ブレーキの格付け制度が今年から始まります

「自動ブレーキ」の格付け
先日記事にした「自動ブレーキ」(正式には「衝突被害軽減制動制御装置(AEBS)」)ですが、このほど今年から国土交通省がこの「自動ブレーキ」の格付けをすると発表しました。

この格付けは、国土交通省が実施している自動車アセスメント制度の「予防安全性能評価」の一環で、現在は「後方の死角解消装置」「車線はみ出し防止装置」「自動ブレーキの車との追突防止機能」の3項目を審査しています。

審査はいつ、どのような形で、どんな車種に対して行われるのかなど、詳しい事はまだ公表されていませんが、この自動ブレーキの格付けが行われる背景には、高齢者ドライバーの事故が増加している事があるようです。

確かにその通りだと思いますが、この制度のためにまた「何とか審査機構」とかの怪しげな団体を作って、天下りの温床になったり・・・とか勘ぐっちゃいます。

ま、確かに高齢化社会ですから、何か対策をしないとこれからどんどん高齢者ドライバーが増え、それに伴う事故が増えていく事は簡単に想像できますが・・・

認知機能検査現在は75歳以上のドライバーに対して、認知機能検査を行う事が改正道路交通法で決められています。
ちなみに先日、天皇陛下が免許の更新をされたと言うことですが、この認知機能検査も行われたんでしょうか?

また、運転に自信の無い高齢者ドライバーには免許証の返納を呼びかけていますが、バスや電車などの公共交通機関の無い地域では、運転したくなくても運転しなければならない事もあると思いますし、核家族化が進んだ昨今や、一人暮らしのお年寄りが多くなる今後の日本では、自動ブレーキが交通事故減少の一助となる事は間違いなさそうです。

ですが、年金で暮らしているお年寄りが、高性能な自動ブレーキを装着している最新型の新車に買い換える事ができるでしょうか?
もう少し時間が経って、自動ブレーキ付きの車が中古車市場に大量に出回った頃なら中古車でも大丈夫だと思いますが、自動ブレーキ自体がまだ進化中のシステムですから、ほどよい価格で高性能な自動ブレーキ付き中古車が中古車市場に出回るには、まだまだ時間が掛かりそうです。

ですから、例えば、今回の自動ブレーキの格付けで良い成績を出したクルマを購入するお年寄りには、何らかの購入補助金を出すような制度や税金を軽減するなどの制度が必要だと思います。

また、この制度を利用して自動ブレーキ付きの車を購入した高齢者ドライバーには、定期的に医師の診察を義務づけるなどの規則も制定した方が良いかと思います。

いつかは誰でもお年寄りになるのです。

「年寄りにはクルマの運転は危険だから乗るな!」ではなく、お年寄りも安心して運転できる社会にしていく事が、これからの超高齢化社会の日本に必要な事ではないかと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です