自動ブレーキの保険料について考えてみた

自動ブレーキの保険料につて考えてみる

弊サイトでも自動ブレーキについていろいろ調べ、考えてきましたが、今度はその自動ブレーキ搭載車の保険に関する話題です。

自動ブレーキを搭載した車は、2017年から保険料が安くなるらしいのですが、その割引率が何とたったの10%

自動車の任意保険は、加入する車両によって「料率クラス」(1から9まであり、1が最も安い)が設定されていますが、この料率というのはその車種ごとの事故率や、今までの保険金の支払い内容によって「損害保険料率算出機構 (Non-Life Insurance Rating Organization of Japan)」という団体が設定しています。
今回の自動ブレーキ搭載車の割引率10%と言うのもこの損害保険料率算出機構が算出したものなのですが、何でこんなに少ないのか?

例えば、自動ブレーキでは他社よりも一歩くらいリードしている感じのスバルのアイサイトですが、2010年から2014年の間に日本国内で発生した自動車事故のうち、アイサイトを搭載したスバル車とアイサイトを搭載していないスバル車を比較した結果、アイサイト(自動ブレーキ)搭載車は搭載していない車に比べて、おおよそ60%もの事故低減効果があったということなのです!
現在はスバル車のアイサイトも進化してバージョン3となり、この調査結果の時よりもさらに事故率は低くなっているかもしれません。(2010年から2014年まではバージョン2であり、衝突回避できる速度差は時速30kmだったのですが、現在のバージョン3は時速50kmまで衝突開始できます。)

まぁ、このスバルのアイサイトはかなりの優等生ですからこんな良い成績ですが、例えば軽自動車に搭載されている自動ブレーキは、時速30km以下の場合にのみ効果がある安価なタイプが主流です。このようなタイプの自動ブレーキと、アイサイトのような優秀な自動ブレーキシステムを一緒にして「自動ブレーキ」と一纏めにし、「割引率10%」とするのは無理があるように思います。

自動車保険は交通事故のみのデータで料率が決まるわけでは無く、自損事故や盗難、自然災害など、いろいろなケースがあるわけですから、交通事故だけに関わる「自動ブレーキ」が搭載されているからと言って、例えばアイサイトの事故軽減率60%をそのまま割引率に設定しろと言うのは無理があるのは理解できます。
しかし、割引率がたったの10%というのは少なすぎる気がしませんか?

恐らく、近いうちに搭載している自動ブレーキの種類によって割引率が変わってくる保険が登場するかもしれません。
例えば最近よく耳にするテレマ保険(詳しくはこちらの記事:テレマ保険って何だ?をご覧ください)や、年間の走行距離に応じて保険料が変わるリスク細分型保険など、昨今の社会や人々のカーライフスタイルに合わせて登場した保険です。

この先、自動ブレーキはパワーウィンドウと同じくらいポピュラーな装備になると思いますし、もちろん性能も日進月歩で上がっていると思います。
そのような中で、「自動ブレーキの割引は一律10%」というのは、ちょっと無理があると思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です