残価設定型クレジットは得なのか?

よく考えてみよう、残価設定型クレジットのメリットとデメリット
中古車査定で車が売れた!
よっしゃぁー!次の車を買うぞ~!

んでもって新車ディーラーへ行き、お目当ての車種の見積もりを取ってもらいましたがちょっと高い・・・
中古車査定で売れた車の買取金を頭金にしても月々のローンが結構キツイ金額・・・
でもこの車が欲しい!
そんな感じで悩んでいると、ディーラーの営業マンからこんな提案が。

「残価設定型クレジットにしてみたらどうですか?月々の返済も少なくて済みますよ!」

え?何それ?

残価設定型クレジットって何だ?

残価設定型クレジットと言うのは、あらかじめ3年後や5年後の車の価値(金額)を設定しておき、月々のローンはその3~5年後の下取り価格を割引いてローンを支払うというプランです。
「月々の返済額が抑えられる」ということで、ディーラーでは結構勧めてきますね。
ユーザーは月々の返済金額が少なくなるので車を購入しやすく、ディーラー側にとっては高い車を売りやすくなるというメリットがある・・・というのが表向きの謳い文句なのですが・・・

残価設定型クレジットの仕組み

例えば、あなたの欲しい車が新車価格400万円だったとします。(諸経費等は考慮していません)
前の車を中古車査定で売って100万円になりましたので、この100万円を頭金にするとします。
400万円 - 100万円で、残りの金額は300万円ですね。
これを3年ローン(36回)で支払うと、300万円/36回=8万3千円くらいになります(金利などは今回は考慮していません)
月々の支払いは8万3千円くらいです。

これを残価設定型クレジットにすると・・・

あなたの欲しい400万円の車は、ローンが終了する3年後の残価率は50%だとします。
この残価率というのは、残価設定型クレジットを契約する際に設定するもので、ローン終了時(3年後や5年後)に、その車が新車価格の何%の価値があるかという数値です。
この残価率は車種ごとに設定されています。
ちなみに人気車種であれば高めに設定されてお入り、アルファードなんかは3年後の残価率が50%くらいです。
また、小排気量車やコンパクトカーなどは残価率が低くなる傾向にあります。

400万円の車でローン終了時の残価率が50%ですから、3年後は200万円の価値があると言う事ですね。
ですから、400万円-100万円-200万円 = 100万円を3年間で返済するようにします。
100万円/36回=2万7千円くらいですね。
したがって、月々2万7千円の返済で済む事になります。

でも忘れちゃいけません、3年後に残りの200万円の精算が待っています!

残価設定型クレジット
精算の方法は3通りです。

1.車を販売ディーラーに返却する。
2.残価を一括で返済し、そのまま車を所有する。(名義は自分の物になります)
3.残価をローンで支払っていく(ローンの支払いが終わるまで名義はディーラーのまま)

よく考えてみよう、残価設定型クレジットのメリットとデメリット

メリット

月々の返済額が抑えられる

通常のローンでは買えない金額の車が買える

デメリット

車両保険に加入しなければならない
これは3年もしくは5年後、またはクレジット終了時に車を返却する場合、事故や盗難、自然災害などに遭って車を返却できなかった場合にはその残高金額を払わなければなりません。そのような場合に車両保険に加入していれば安心です。というか、残価設定型クレジットを利用する場合の条件に車両保険に加入必須というディーラーもあります。

走行距離の制限がある

クレジット終了後に車両を返却する場合、年間走行距離が規定以上の距離に達している場合は、別途支払金額が発生します。

車両の状態により、別途負担金が発生する場合がある
クレジット終了後に車両を返却する場合、事故痕や傷、ヘコミ、汚れなど、規定以上の損傷があった場合は別途負担が発生します。
また、改造やカスタムパーツを取り付けていた場合は、原則として元の状態に戻す必要があります。

通常の自動車ローンより金利が高い
残価設定型クレジットの金利は通常のオートローンなどに比べて高いです。一般的に5%以上の金利が適用されています。

よーく考えてみると・・・

もし、ローン終了時に車を返却すると、手元には何も残りませんね。
毎月のローンは安いのですが、車にかかる費用はローン代金だけではありません。
税金や保健代、メンテナンス代や、タイヤの交換もしなければならない場合もありますし、維持費は結構な金額がかかりますね。
これだったらレンタカーや月極リースの方がお得なのでは?と思っちゃいます。

また、上記のローン支払い例では金利を省いてありますが、残価設定型クレジットの金利は通常のオートローンなどに比べて高い金利になっています。(おおよそ5%以上)
銀行系のマイカーローンなら、2%くらい、ものによっては変動金利ですが1.4%~というものもありますから、倍以上の差があります。

しかし、ものは考えようで、3年間新車に乗って、また同じ車を中古で買ったと思えば、そんなに悪くないのではないのでしょうか?
誰が乗っていたか、どんな履歴があるか分からない中古車よりも、新車の時から自分が乗っている車ですから安心です。
3年ごと、5年ごとに車を入れ替えるつもりで利用すれば、案外メリットがあるものなのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です