査定時のクレームガード保証って何だ?

中古車査定時のクレームガード保証って何だ?
「クレームガード保証」って聞いたことがありますか?
私も実はあまりよく知らなかったのですが、先日、昔勤めていたカーディーラーの同僚と飲む機会がありまして、その時にその同僚から教えて貰いました。最近の大手中古車買取業者であまり評判のよろしくないサービスがあると。

クレームガード保証とは、大手中古車買取業者が取り扱っているもので、中古車買取業者が車の査定をして買い取った後に、車に何らかの欠陥が発見された場合は、法律の上では売り主(客)にその責任を問うことが出来ますが、その様な場合にその欠陥責任をカバーする保険が「クレームガード保証」です。
要するに、”査定後に欠陥が見つかった場合は、買取業者本来ならば査定額を減額したり買取りを拒否したりできますが「クレームガード保証」に入っていればその心配はありませんよ”というモノです。

もっと詳しく説明すると、例えばあなたが中古車査定業者に自分の愛車を査定に出したとします。出張査定に来た査定士は150万円の買取額を提示しました。あなたはその提示金額に満足し、120万円で愛車を売却することにしました。
あなたから買い取った車を、中古車買取業者はオークションに出品しました、が、オークション会社の査定士が査定したところ、中古車買取業者の査定士が見つけられなかった事故歴が見つかり、事故車扱いになってしまったために半額の75万円の落札額になってしまいました。
中古車査定業者は75万円の損益になりますが、この様な場合、中古車査定業者はあなたにその75万円の負担を要求してくるのです!
その様な場合の保険として「クレームガード保証」があるのですが・・・

は?何かおかしくないですか?

一瞬「ああそうか・・・」と思っちゃいますが、いやいや、これっておかしいでしょ?ヘンでしょ?
だって、出張買取に来るのは、プロの査定士です(必ずしも中古車査定士の資格を持った人が来るとは限りません。詳しくは 中古自動車査定士って何なんだ? をご覧ください)。たとえ中古車査定士の資格を持っていなくても、査定を行うために来ているのですから、売る側(客)からすればそんな事は関係ありませんし、欠陥を見抜けなかったのはそちらの責任だし、なぜにその責任をこっちが負担せにゃならんのか?」と思いませんか?
これって、会社の損益を客に転嫁している以外にありません。
全くもって意味が分からない。
だって、もし業者に悪意があれば、二束三文で買い取ってきた車にワザと不具合箇所を造り、「クレームガード保証」を使って保険金をせしめる・・・なんてコトも可能です。
ま、そんなコトはしないと思いますが・・・

この「クレームガード保証」はガリバーとビッグモーターが導入しています。

契約時には必ず加入を薦めて来るようですが、新車で買った車を売却する場合や、身元のしっかりしている車を売る場合は、入る必要は無いと思います。
ちなみにガリバーのクレームガード保証の掛け金は下記のようになっています。

買取価格 クレームガード掛金
(国産車)
クレームガード掛金
(外車)
0~10万 4,900円 4,900円
10万~20万 5,900円 6,900円
20万~30万 6,900円 7,900円
30万~40万 7,900円 9,900円
40万~50万 8,900円 11,900円
50万~100万 9,900円 14,900円
100万~150万 11,900円 17,900円
150万~200万 13,900円 20,900円
200万~250万 15,900円 23,900円
250万~300万 18,900円 26,900円
300万~ 21,900円 29,900円

そんなにべらぼうな金額ではありませんが、何も無かった場合は。、掛金の金額分は査定額の減額になっちゃいますね。

ま、考えようによっては、事故車の疑いがある車や、メーター改ざんの疑いがある車を売却する場合はメリットになるのかもしれません。
その様な場合は、査定額からクレームガード保証の掛金分を差し引いた金額で、他の中古車買取業者の出した金額と比較検討するのが良いでしょう。

一括中古車査定は3つのサイトに申し込むだけでオッケー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です