査定時にステッカーは減額対象なのか?

中古車査定でステッカーは減額対象なのか?
「ステッカーチューン」なんて言葉があるくらい、ステッカーを車に貼るのはポピュラーですよね。
気分的に格好良く見えますし、大きな駐車場に停める場合には、自分の車を見つける目印になったりします。
ウチの車にもリアガラスにステッカーを貼ってありますが、ウチの車ってどこにでもあるBセグ車でボディカラーも白。
大きな駐車場に停めて、うっかり駐車した位置を忘れた場合等はステッカーが貼ってあるとすごく見つけやすいです。
このステッカーやシールですが、中古車査定に出した場合、減額対象になるのでしょうか?

剥がすべきか、そのままにしてくべきか?

よく見かける交通安全祈願や赤ちゃん乗ってます系の小さなステッカーが1~2枚貼ってある程度でしたら、中古車査定の場合でもほとんど減額対象にはならない場合が多いです。しかし、中古車買取業者によっては、車を買い取った後に自社でそのステッカーを剥がす場合があります。
小さなモノで簡単に剥がれるステッカーでしたら問題ありませんが、大きなモノや年月が経過して固着していて、ステッカーを剥がした箇所と周囲の塗装の劣化具合の違いにより跡が残ってしまうような場合には減額対象になる場合が多いです。

査定する熊に何カ所もステッカーが貼ってある場合は、複数の中古車査定業者に査定をしてもらい、査定額を比較した方が良いと思います。

もし、私が今の車を中古車査定に出すとすれば、ステッカーは剥がしてから査定してもらいますね。
ステッカーが貼ってあるよりは貼ってない方が良いですし。

傷隠しのステッカーも剥がした方がいい?

小さな塗装ハガレや傷跡をステッカーで隠す場合ってありますよね。
そのようなステッカーは、査定に出すときには剥がさない方が良いです。
ステッカーに使用されている粘着剤は真夏の炎天下や冬の寒さでも耐えられるようにかなり強力な粘着剤が使用されています。
そのために、キズなどで車の塗装面が痛んでいる場合やひび割れている場合は、無理にステッカーを剥がそうとすると、塗装が剥がれてしまう場合があります。
ですので、傷隠しのステッカーは絶対に剥がさない方が良いのです。

また、ステッカーで傷などを隠した場合はステッカーの上からなぞると傷があることが100%分かります
ですから、ステッカーで傷を隠していることは正直に査定の時に伝えましょう。
その方が心証も良くなります。隠したってどうせ必ず分かってしまいますから。

ステッカーを剥がす方法

ディゾルビット貼ったステッカーがまだあまり年月の経っていないモノであれば、ドライヤーで温めることで剥がせます。が、ドライヤーだけで簡単に剥がれる事ってあんまりありません。
貼ってから月日が経過して硬化し、固着してしまっている場合がほとんどだと思います。
そのような場合は「ディゾルビット」という溶剤を使うのがオススメです。
このディゾルビット、天然オレンジオイルから造られている剥離剤で、グリースや接着剤にも使用できます。
ディゾルビットは大きなホームセンターなどに置いてあると思いますし、通販でも入手できます。

ウチでは電子レンジの中にこびりついた汚れ(何をやっても落ちませんでした)を落としたり、換気扇のべたべたな油汚れもキレイに落ちて嫁大喜びと、結構活躍してくれています。
このディゾルビットをステッカーに塗布し、その上からティッシュをかぶせてディゾルビットが乾かないようして暫く置いておきます。
10分くらい経過した所でプラスチックのへら(いらなくなったカードなんかが便利です)でステッカーの端からこそげ落とすと、簡単に剥がせます。
また、へらを使ったことで細かい傷が付いてしまった場合は、細めのコンパウンドで磨いておきましょう。

ボディーに貼ったステッカーは、固着してしまうと剥がすのが大変です。
年月が経った場合は、ステッカーを貼っていた箇所と、その他の箇所に経年劣化による色違いが出来てしまう場合があります。これだけは再塗装しない限り後から直すのは不可能です。
どうしてもステッカーを貼りたい場合は、劣化しないガラス面に貼った方が良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です