来年1月からの中古車のメーター改ざん対策

来年1月からの中古車のメーター改ざん対策
メーター改ざん・・・自動車の走行距離メーターに手を加えて、実際の走行距離より少ない走行距離にしてしまう事です。
走行距離は自動車の価値に大きな影響を及ぼすので、絶対に改ざん(変更)してはいけない事になっています。
ですから、自動車のメーターに表示される走行距離は車検証にも記載されます。

以前はその車検時の走行距離が記載されるだけでしたが、これだとメーターを巻き戻し(変更)してしまえば巻き戻した走行距離が記載されてしまうため、その回の車検時と、前回車検時の2回分の走行距離が記載されるようになりました。
こうすれば、メーターが巻き戻されて前回よりも走行距離が減っていたら「この車の走行距離はおかしい」と分かるはずです。
ですが、最近は新たな手口で車検証の記載を変更するメーター改ざん業者が現れました。

メータ改ざんの手口

その手口ですが・・・

まず、走行距離の多い車を格安で手に入れ、メーターを改ざんします。その状態で車検を受けますが、合格しても車検証には前回の車検時より少ない走行距離が記載されます。
この時に検査官から走行距離が減っている事を問われても「メーターが破損したので交換した」と言えば問題なし。
そしてすぐにもう一度車検を受けます。
すると前回車検時の走行距離と今回の走行距離がほぼ同じになります。

この車両をネットオークションなどで販売します。
車検証の2つの走行距離が同じだと言う事を質問された場合は「1回目の車検を受けてから次の車検まで動かさなかった」と言えば問題なし。
来年1月からの中古車のメーター改ざん対策

この手口のポイントは、「ネットオークションで販売」というところです。

業者が使う中古車オークションにもメーター改ざん車が出品されますが、そのような車は出品表(その車の内容が書かれた書類)にメーター改ざんの旨が記載されていますし、オークション会社が厳しくチェックします。
ですから、メーター改ざん車が高値で落札される事はありません(一部の希少車を除く)

ですが、一般の方が利用しているネットオークション(ヤフオクなど)では、あくまでも出品者と落札者の間のみのやり取りになるため、メーター改ざん業者にとって、車を売りさばく場所として最適なのです。

この手口を使って、愛知県内の中古車業者72,000円で仕入れた軽乗用車を走行距離を44,400kmとメーター改ざんし、ネットオークションで280,000円で売ったそうです。
まったく同じ手口で約90台を販売し、一千万円以上を荒稼ぎして摘発されました。

メーター改ざんされた中古車を掴まされないようにするには

自動車のメーターは所詮機械ですから、絶対に改ざんされないメーターは作る事が出来ません。もし作る事が出来たとしても、メーターごと交換されたらお終いですし、酷いときにはダッシュボードごと交換してしまいます。

私が自動車ディーラーに勤めていた頃、「メーターを修理します」というFAXやメールが頻繁に入りました。
「修理します」と書いてありますが、実際はメーター改ざんの案内です。
確か、一般的なデジタルメーターで、国産車で1万円くらい、輸入車で2万円くらいだったと思います。
もう何年も前の事ですが、今でもこのようなメーター改ざん専門業者は多いと聞きます。

なぜか?
答えは簡単。

それを利用する人(業者)が居るから
、です。

と言う事は、現在でもかなり多くのメーターを改ざんされた車が市場に出回っているのです。

ですから、このような中古車を買わないようにするためには、車検証の走行距離があまりに近い数字だったり、車検を受けた日付が近かったする車両には手を出さない事が重要です。
というか、ネットークションで中古車を購入するのは、あまりにもリスクが大きいと思います。

国土交通省の対策

この現状を踏まえ、国土交通省も車検証に記載される走行距離のほかに、最大走行距離を記載するように改めることにしました。

最新の車検時の記録とその一つ前の車検時の記録に加え、過去の車検時に記録された最大値を追加記載するようになります。
何度車検を受けても「最大値」は変更されないので、不正に気づきやすくなるという事なのですが・・・
この制度は来年の1月から運用されるのですが、それまでまだ1年間ありますから、その間に改ざんしてしまえば、その値が最大値として車検証に記録されてしまいます。
ですから、この制度が始まる来年1月以前に生産された車に対しては、この制度は意味がありません。

動きの遅い国土交通省にしては、今回の対策は早めだったと思いますし、これ以外に良い方法があるか?と考えても良い案が浮かびません。

先ほど書いたように、メーター自体を交換されてしまえばどうしようもなくなっってしまうのです。
「じゃ、メーターを交換しないようにしてしまえば?」と言っても、機械ですから故障する事もありますし、事故で交換しなければならない事もあります。

絶対に改ざんされないメーターは作る事が出来ません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です