早く取り付けたい、ドライブレコーダー

ドライブレコーダー
ドライブレコーダー、付いてます?

皆さん、愛車にドライブレコーダー付けてますか~?
私は付けてません!
いや、付けたいんですけどね、ついつい先延ばしになっちゃって・・・
前々から付けたいと思ってるんですが、もう少し待てばもっと性能の良い機種がでるかも?
と思ってしまって、買う時期を逃してしまっています。
PCを買うときもこんな感じで、今使ってるPCなんてもう7年も使ってますからね。
で、何でしたっけ???

あ、ドライブレコーダーのハナシでした。

最近はドライブレコーダーの映像を見る機会が多くなってきましたね。
それはYouTubeによるところが大きいと思います。
YouTubeのドライブレコーダーの映像を見ていると「ドライブレコーダー付けてなかったら面倒くさいコトになってただろうなあ」と思う事故の映像がいっぱいありますね。
自損事故ならともかく、相手のある事故ですと、双方の主張が絶対に食い違ってきます。線からはみ出してたとか、信号が赤だったとか・・・

そうなると事故解決までに大変な労力や時間が必要になってきます。
そんな場合に自分の主張が正しい事を証明し、強い味方になってくれる、それがドライブレコーダーです。

ドライブレコーダーは車の前方(あるいは後方)に取り付けたカメラからの映像を録画する装置で、事故の映像を客観的に録画します。
事故の際はこの映像がかなり役に立つのです。

また、事故の時に’役立つのはもちろんですが、通常走っているときの映像を見たくなったりした事はありませんか?
ドライブに行ったときの美しい景色や、家族で行った思い出のドライブ旅行など・・・
こんな映像を簡単にパソコンに取り込めるのもドライブレコーダーの特徴です。
そしてYouTubeにアップロードして世界へ発信!なんてコトも簡単にできちゃいます。
これだけでも結構楽しそうですよね!

ドライブレコーダー、どれを選ぶ?

数年前までは一部の機種しか対応していなかったフルハイビジョン録画も、最近はもはや当たり前の機能になりました。
また、HDRやWDRと言った逆光補正やスマホ連携などの機能が付いたモデルの発売され、もうどれを選んで良いのか分からなくなるほどです。
逆光補正、CMOSセンサー
ドライブレコーダーの本来の役割は、事故の際の客観的な映像の記録です。
事故の’映像を鮮明に記録し、証拠となり得る品質の映像を録画する事が一番大事です。ですから、ドライブレコーダーは高画質な物を選ぶのが重要です。
最近のモデルはほとんどが1920 x 1080サイズのフルハイビジョンで録画できますし、それ以上の解像度のモデルも発売されています。
事故の際の証拠映像と言う事に関しては、フルハイビジョンであれば問題ないでしょう。
それよりも重要視されてきているのが、逆光や夜間の場合の画質補正であるHDRやWDRという機能があるかないか、またはCMOSセンサーの性能です。
これによって突然明るくなった場合(トンネルから出た場合など)や暗くなった場合の逆光の見え方がかなり違ってきます。
また、光を受光するCMOSセンサー自体の性能によっても映像の見え方が変わってきます。

視野角
視野角(画面に映る映像の大きさ)が広ければ広いほど、事故の際の状況を確認しやすくなり、証拠映像として威力を発揮できます。
この視野角の広さもドライブレコーダーを選ぶ上で大切な要素となってくるでしょう。
大部分の機種は水平方向に100度から120度くらいの視野角を持っていますが、中には140度の視野角を持つ機種も出ています。

その他の機能
あると便利なのが「パーキングモード(駐車監視機能)」です。これは車のキーを抜いた場合でもセンサーによって車に何らかの衝撃や異変が関知された場合に自動で録画を開始する機能です。
駐車場での当て逃げやイタズラをされた場合に、犯人捜索の手がかりになります。

また、その他の機能としてGPS測位機能やGセンサーや衝撃センサーによるイベント録画、自動で速度制限標識を読み取り、速度超過を知らせる速度警報機能、斜線逸脱や前方車との車間距離の詰めすぎを知らせる機能など、安全運転の支援機能が付いている機種もあります。
それ以外にもスマホとの連携や、クラウドサーバーと接続してスマホやPCから動画を見たり出来る’機種もあります。
ここまで来ると防犯カメラ代わりに使えそうですね。

ドライブレコーダーの取り付け

ドライブレコーダーは色々なメーカーから様々な価格、機能を持った機種が発売されていて、ここではとても全て紹介できそうにありません。
ですからドライブレコーダーを選ぶ場合は、ネットなどで良く機能を調べてから購入するのがいいでしょう。
価格もネットの通販サイトで購入するのが一番安いようです。

が、ネットで購入した場合、取り付けに困ってしまうのですね。
メカに詳しい方であればご自分で取り付ける事も出来るかもしれませんが、知識も時間も無い場合はどうすればいいのでしょうか・・・

そんな時は、パーツ取り付け店を検索できる「GooPit」というWEBサイトガあります。

私の家はかなり田舎なのですが、このGooPitで検索したところ、5件ほどがヒットしました。
このGooPitに登録されている店舗ですが、接客レベルや工賃、作業に関しての評価がありますので、取り付け店舗を選ぶときの目安になると思います。

交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度って知ってる?

交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度が付帯しているドライブレコーダーを購入すると、登録してから1年以内にレッカー搬送を’伴う事故に遭った場合に、ドライブレコーダ-の再購入費用や諸経費を、一律4万円補償してくれる制度です。

交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度が付帯しているドライブレコーダーを購入した上で、事前登録(無料)が必要です。

詳しくは、ドライブレコーダー協議会、交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度のWEBサイトをご覧ください。

最近のドライブレコーダーはかなり高性能になってきたのにも関わらず、価格は求めやすいものが多くなってきました。
いざという時、後悔しないように、私も出来るだけ早くドライブレコーダーを取り付けたいと思います。(さ、先立つものが・・・)

ドライブレコーダー参考映像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です