日産ノート e-POWERについて思うこと

日産ノートe-POWER
数年前、スズキが発売を予定していたスイフトハイブリッドの開発を凍結した事がありましたよね。
スイフトをEVにして、軽自動車用の660ccエンジンを発電用に積んだレンジエクステンダーというモノだったと思うのですが、あのハナシ、どうなっちゃったのでしょうか?

開発凍結の理由は「思ったよりも燃費良くないし、コストも結構掛かっちゃって値段が高くなっちゃうから、こりゃ売れないわ」ということだったと思うのですが、確かこのニュースって2013年だったと思うのですよ。
今から3年前ですが、今もう一度このスイフトハイブリッドの企画って考え直す予定ってないのでしょうか?
スイフトハイブリッド
と言うのも、最近の車業界の大きな話題である、日産が出した「ノート」、今までほとんど商品化されなかった「シリーズハイブリッド」を出して来たんですね、日産。
何だかんだ言われて、どのメーカーも出さなかったですからね、シリーズハイブリッド。
そこを突いてきた日産は、他と同じパラレルハイブリッドやPHVなんかだと埋もれてしまうかも?と思ったんじゃないでしょうか?
HV、EVでインパクトのある車を出すにはシリーズハイブリッドしかない、やっちゃえ!と。

そのノートに搭載されたe-POWER、すごく興味あるし、ヨーロッパのように長距離を高速走行でガンガン走る事の無い日本に合ったシステムだと思うのですが、問題はそれ以外の部分
もう、ノートというクルマ自体に魅力を感じないというか、昔からBセグとかのコンパクトクラスの車がイマイチだった日産だからこうなっちゃうのか、せっかくのシリーズハイブリッドが台無しになっちゃってるような気がしてしょうがないのです。

日産って、何故にコンパクトカー造りがヘタなのか?
特にマーチなんて目も当てられないほどの安っぽいデザイン。初めて見た時、中国の無名メーカーの車かと思っちゃいましたよ。
日産のコンパクトクラスでまあ何とかなってると思えるのはジュークくらいでしょうか?あのヘンテコなデザインがそこそこ当たるという、最早エスパーのようなセンスを持ったデザイナーが居るのに、何故にその他のコンパクトカーはああなのか?

デザインだけじゃ無く、パッケージとしても何かパッとしないというか、商品的に魅力のあるコンパクトカーが無いんですよね、日産って。
新型セレナとかすごく評判良いし、可変圧縮比エンジンだって所謂「技術の日産」をもっとアピールできると思うんですが、何故か商品になると煤けて見えちゃうというか、格好良くないんですよね。

そこでスイフトハイブリッド。
一旦は凍結した企画ですが、外部充電可能なレンジエクステンダーでは無く、ノートと同じシリーズハイブリッド車として造れないものでしょうか?
スイフトはノートなんかよりも商品的魅力のある車だと思うし、そこそこ安い値段で販売できれば売れるんじゃないかなあ・・・

もしスイフトハイブリッドがシリーズハイブリッドで出てくると、他のメーカーもどんどん出して来そうな気がしませんか?
たとえば、マツダが出すデミオのシリーズハイブリッド、発電用エンジンはロータリーとか。
ダイハツが軽でシリーズハイブリッドを造るとか。

スピードを出して長い距離をはしるヨーロッパやアメリカでは、コンパクトカーのシリーズハイブリッドは売れないかもしれないけど、日本をはじめとするアジアだったら売れると思うんですけどねぇ。
日産・ノート e-POWERについて思うこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です