所有者の居ない車を中古車査定で売りたいんです・・・

所有者の居ない中古車を売りたい
たとえば、「車の持ち主が亡くなってしまい、誰も乗らなくなった車が家にあるので買取ってもらいたい・・・」
こんな場合があるかもしれません。

車の名義が親族の誰かなどに変更してあれば何も問題ありませんが、亡くなった方の名義のままだと用意する書類が多くなってきます。
基本的には、亡くなった方の車を売却する場合は、いったん相続人名義に名義変更してから車を売却することになります。

まず、買い取ってもらう車が本当に亡くなったかどうか、確認しなければなりません。
それには亡くなった方の除籍謄本が必要です。この除籍謄本に記載してある事によって、車の所有者が亡くなったかどうかの証明になります。

そして、車を買い取って貰ったときに、誰がその売却代金を受け取るのかという問題がありますが、これは戸籍謄本で確認できます。
この場合、亡くなった方の子供、あるいは妻などは相続人となるのですが、子供が女性の場合、結婚と同時に戸籍から除籍している場合があります。
除籍していても相続権はありますので、このような場合は改正原戸籍謄本が必要です。

そして、相続人の印鑑証明と、中古車を売却するときに必要な書類一式(こちらに詳しく掲載しています:中古車を売る時に用意しおかなければならない書類)が必要です。

戸籍謄本はもちろん、改正原戸籍謄本も市役所や区役所で取得できます。
また、事情を説明すれば役所の受付で分かりやすく説明してくれます。

上記は相続人が一人の場合ですが、相続人が複数居る場合は、相続人全員が署名や実印をした遺産分割協議書が必要になります。
また、相続人それぞれの実印と印鑑証明が必要となりますので、相続人が遠方に住んでいる場合はとても面倒ですね。
(廃車にする場合も同様の書類が必要です)

このような中古車の事を「相続車両」と呼んでいますが、私がディーラーに勤めていた頃もよく相続車両の買取がありました。
亡くなった方の乗っていた車ですので、売る側の親族の方もガツガツしておらず、ディーラー側はほぼ言い値で買い取って来れたようです。

ディーラーとしても通常の買取よりも用意する書類や事務手続きが多くなりますので、相続車両はあまり買いたくないのが実情です。
特に繁忙期などにお得意さんの相続車両が入って来た時は、営業さんは大変そうでした。

ですから、相続車両を売却したいと考えている場合は、ディーラーではなく、ネットの一括中古車査定で売却した方が絶対に良いです。
彼らは中古車買取専門ですので、相続車両の手続きにも慣れていますし、何と言っても買取金額が高いです。
まず、カーセンサー.net などの中古車査定に申し込み「相続車両を売却したい」と相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です