後部座席シートベルトの重要性

後部座席のシートベルトの重要性
私が運転免許を取得して車に乗り始めた頃、シートベルトの着用義務は法律で定められていませんでした。

ですから、車に乗ってもシートベルトを着用している人など滅多に見かけることは無く、中にはシートベルトの着用方法を知らない(というか、教習所では必ず着用していましたから「忘れた」が正しいですね)ドライバーもいました。

もちろん私も車を運転するときにシートベルトは着用しておらず、シートベルトにはうっすらと埃が付いているような状態でした。

1985年に高速道路・自動車専用道でのシートベルト着用が義務づけられ、翌年の1986年には一般道路でも着用が義務づけられました。

そして現在では、前席のシートベルト着用率はほぼ100%となっています。
後部座席のシートベルトに関しては、2008年から着用が義務づけられましたが、現在でも一般道路で約30%、高速道路では約70%の着用率となっています。
一般道では3人に1人しか後部座席のシートベルトを着用していないんですね。
ちょっと思ったのですが、私の周りでは、一般道路ですとほとんどがシートベルトを着用していないように感じます。

「3人に1人」と聞いて、「え?以外と多いんだな」と思っちゃったりします。
皆さんの周りではいかがでしょうか?

一般道路でも後部座席のシートベルト着用が義務づけられているとは言え、一般道での違反点数・反則金は無いですから、警察も熱心に取り締まりませんし、他の違反で捕まった際も「後ろの座席の方もシートベルトしてくださいねー」と注意するくらいですし。
しかし、改正道路交通法上では、一般道路でも後部座席のシートベルト着用は「義務」になっています。

ちなみに高速道路でシートベルト着用義務違反で捕まったとしても罰金はありませんが、1点の減点となります。

後部座席ほどシートベルトした方が良いのです

シートベルトを着用していない事で起こる最も重大な危険は車外に放り出されてしまうこと。
しかし、シートベルトをしていても、運悪く車外放出されてしまう場合もあります。

警察庁ウェブサイトに掲載されている「座席位置・シートベルト着用有無別死者の車外放出構成率」というデータによると、シートベルトを着用していて車外に放出された時の死亡率は0.8%、しかし、シートベルトを着用していなかった場合の死亡率は、何と16.5%になっています。すごい差ですね!

シートベルトを着用していたのにもかかわらず、運悪く車外に放出されてしまったとしてもシートベルトをしていたことで放出の際の勢いが弱まっていますが、シートベルトを着用していない場合はものすごい勢いで車外放出される可能性があります。
そのまま対向車線まで放り出されて・・・という可能性もあるのです。

また、車外に放出されなくても、シートベルト不着用の際の危険性はまだあります。

車が時速60kmで衝突した場合、その衝撃は14mの高さから落下して地面に叩きつけられるのと同じ衝撃を受けます。
もし、シートベルトを着用せずに後部座席にいて、身体ごと前部座席背面にぶつかったら・・・

後部座席にいる人もかなりの衝撃を受けますが、前部座席に人がいた場合は、エアバッグと座席によりものすごいチカラで挟まれることになってしまいます。
それにより、死亡する場合もあるのです。

後部座席の人がシートベルトを着用することは、全部座席の人の命を守ることになるのです。

後部座席シートベルトをしていない場合の死亡率は、69.1%、これは運転席席(41.4%)、助手席(17.6%)よりも高い数字です。

後部座席シートベルト非着用で死亡した人のうち、18歳以下の子供が1/3を占めています。
ウチもそうなんですが、子供は特にシートベルト着用を嫌がりますよね。
自動車のシートベルトは身長140cm以上を対象に作られているため、チャイルドシートやジュニアシートなどを利用して、体格に合わせたシートベルト使用をすることが重要です。
子供のために、シートベルト
同乗者に「シートベルト窮屈だからしなくてもいいでしょ?」なんて言われた場合、どうしますか?
交通事故の裁判判例でこのような判決がありました。

被害者が交通整理の行われている見通しの良い交差点で、加害者運転の自動車と被害者運転の自動車との出会い頭の衝突により、被害者が車外放出されて死亡した事故では、シートベルト非着用等の被害者過失が認められ、80%の過失相殺が認められた。
(東京地裁平成元・4・7交民集22巻2号267号)

 なお、「過失相殺」とは、損害賠償の請求が発生する場合に、その損害の発生又は増大について賠償の権利者(被害者等)にも過失があれば、裁判所は、賠償責任の有無及び損害額を定めるについてその過失を考慮することをいいます
(民法722条第2項等)。

要するに、被害者でもシートベルトをしていなかった場合は、過失となりますよ。と言うことです。

シートベルトを着用していない場合による被害は被害者の過失とされるため、被害者であっても、損害賠償等で補償が受けられなくなる可能性があるのです。

もう、どう考えてもシートベルトしないメリットって無いわけですよ、反対にシートベルト未着用のデメリットってものすごくたくさんあるわけです。

シートベルト、着用しましょう!

中古車査定はこちらのページからどうぞ

※トップページに戻ります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です