廃車買取と中古車買取を比較

廃車買取と中古車買取を比較
最近、注目されている中古車査定業者、中古車買取業者として「廃車買取り専門店」があります。従来の中古車買取業者であれば、基本的には「実用性に足る車両しか買い取ってもらえない」と言う状況がありました。
例えば、ずっと使用していなかったのでエンジンがかからない車や、事故などで大掛かりな修理が必要になる車両を普通の買取業者を利用して査定を受けても「買取不可」と判断されてしまうことが多く、「引き取ることは可能だが無償、もしくは処分料が必要になる」という対応をされてしまい、お金を払って車を引き取ってもらう、もしくは、買取額0円で引き取ってもらうという状況がありました。

確かに、自分で廃車や解体の手続きを進めていくためにもお金がかかりますし、何よりも手間と時間が必要になるので「それを考えれば安いもの」と感じる人も居ます。しかし、自分で行えば数千円程度の費用で済むところを、買取業者の手数料として数万円の手数料を支払っていては損をしていると言わざるを得ません。

しかし、廃車買取専門業者であれば、根本的に実用性に足らない車を買取ることを設定している為、同じような状況であっても処分料などを請求される心配はありません
価格がつかず無償で引き取られるという事はあるものの、その場合には廃車や解体に必要なコストを掛けずに車を処分することが出来るので、結果的にはメリットとなります。

冒頭で紹介している通り、通常の中古車買取業者の場合は「引き取った車を販売する」という事を目的としているため、販売価格から利益や販売までにかかるコストを差し引いた価格が買取価格として提示されます。その為、修理に大きなコストがかかる場合は無償で引き取る・有償で引き取るという対応になる訳ですが、廃車買取専門業者の場合には「処分する」という目的で引き取ってくれるので余計なコストが発生しません

では、廃車買取専門業者はどうやって利益を出しているのかと言うと、「使用できる部分はそのまま販売し、使えない部分は鉄などの素材として売却する」という方法で利益を出します。如何に状態が悪い車であっても鉄は鉄としての価値を持っていますし、どこかにそのまま使用できるパーツがあればそれは商品になります。また、解体に関しては「リサイクル料」としてオーナーが支払っているお金を国からもらうことも出来るので、基本的にはどんな状況であっても利益を出すことが出来る訳です。

非常に高い金額で引き取ってもらえるという事は少ないものの、一般的な中古車買取業者では買い取ってもらえない状態の車であってもある程度のお金に換えることが出来るというのが専門業者の強みです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加