帰省ラッシュの渋滞を乗り切るコツ

帰省ラッシュの渋滞を乗り切るコツ

年末年始、実家に帰省する方も多いと思います。
電車や飛行機も混んでて大変ですが、一番大変なのは車で帰省する場合ですね。

ちなみに今年の年末で最も混雑するのは12月26日(土)の早朝~午前中に帰省する人が最も多く、年始では1月2日(土)と1月3日(日)の午前中に戻ってくる人が多いようです。

普段はガラガラの高速道も、年末年始は激混み。絶対に渋滞にハマりますね。

楽しいはずの旅行が、帰省渋滞にハマって家族もげんなり・・・そして車内が険悪になって、些細な事で喧嘩がはじまり、お母さんは子供を叱り、子供は泣き出し、運転しているお父さんはイライラ。
こんな経験ありませんか?

実はウチが毎年こんな感じなのです。
もう毎年の事なので、もうちょっとどうにかならないか?と思い、渋滞時に役立つグッズを考えてみました。
これを用意しておけば、ちょっとは渋滞時もマシになるかも!?

Wifiルーター ポータブルWifiルーター
車内でDVDを観るのもいいんですが、いちいち新しいDVD買っておかなければならないですよね。
去年の年末の帰省時、家にあったDVDを車内で見せていたのですが、既に何回も観ているためにすぐに飽きられてしまいました。
なので今年のお盆の帰省時はポータブルWifiルーターをレンタルしてノートパソコンでYoutubeを見せておいたのです。
Youtubeですから動画は無限にありますし、子供が勝手に操作して観られるので、お父さんお母さんもラクチン。
帰省先の実家はおじいちゃんとおばあちゃんだけでインターネット回線を引いていないため、実家へ帰ってからもネット接続ができます。
携帯でもネットに接続できますが、ポータブルWifiの方が圧倒的に速度が速くて使いやすいですし、固定料金なのでたくさん使っても速度制限ナシ。
レンタル時も宅配便で届けてくれますし、返却もポストに投函するだけ。
ちなみにレンタル料金は1日390円~900円くらいです(機種や会社によって金額が違います)

携帯トイレ 携帯トイレ
高速道路を走っていると、子供がいきなり「ママ、おしっこー!」
じゃ、次のPAで、と思い「あと5キロくらいだからちょっと待ってねー」と言ったはいいけど、年末年始の高速のPA・SAはどこも大混雑。
場所によってはPAに入るのに大渋滞になっていたりします。
そんな時に「持っててヨカッタ・・・」と心底思えるのが携帯トイレです。
子供のためはもちろん、生理現象は大人でもガマンできない場合もありますから、車内に常備しておいてもいいでしょう。
ちなみに今年のお盆渋滞の時、私自身も使いました。

レゴ おもちゃ
ウチは、レゴを持っていって、渋滞の時に後部座席で遊ばせていました。
1~2時間は熱中して遊んでいますので、結構助かりました。

車載クーラーボックス クーラーボックス
夏はもちろん、冬でもヒーターを効かせた車内に長時間居ると冷たい飲み物が欲しくなります。
そんな時に、クーラーボックスに氷の入ったクーラーボックスに水やお茶類を用意しておくと便利です。
また、水に濡らしたタオルを冷やしておいて、運転中に眠くなった時に顔を拭くと眠気覚ましにもなります。
最近ではシガーソケットの電源を利用して冷却するタイプのクーラー・ヒーターボックスもあります。

渋滞情報アプリ スマホの渋滞ポイント表示アプリ
これは出発前にスマホにインストールしておくと便利。
高速道路の渋滞区間が表示されるので、前方に渋滞している区間があったら、その区間は一般道路に下りて渋滞を回避することも可能です。

エスタロンモカ カフェイン錠剤
渋滞でノロノロ運転が続くと、どうしても眠くなってしまいますね。そんなときにオススメなのが「カフェイン剤」
有名なのはエスエス製薬の「エスタロンモカ錠」で、1錠に100mgの無水カフェインが含まれています。
普通の薬局で24錠入り、450円くらいで販売されています
私は仕事で徹夜をしなければならない時によく服用していましたが、あまり頻繁に服用すると効き目が弱くなるようなので注意してください。

子供のいるご家庭(特に小学生以下の小さいお子さん)は、渋滞中にいかに子供の気持ちを紛らわすかがポイントですね。
ウチも5歳の子供が居るので、渋滞中はもっぱら子供のご機嫌取りに終始している感じです。
また、出発直前までガンガン遊ばせておくと、車に乗って出発したとたん熟睡してくれます。

渋滞は嫌なものですが、考えようによっては家族水入らずでゆっくり話せる時間とも言えます。
グッズや情報を活用して、年末年始を楽しく満喫してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です