安全を守る陰の脇役「ブレーキフルード」

安全を守る陰の脇役「ブレーキフルード」
「中古車査定で車を買取りしてもらう事になったからブレーキフルード換えておかなきゃ!」

なーんて殊勝な方は滅多にいないと思いますが・・・

ブレーキフルードってそんなに頻繁に交換する物じゃないし、正直言って普段は全く気にしていないものだと思います。
そもそも「ブレーキフルード」って何なのか、よく知らないも多いと思います。
タイヤみたいに目に付きやすい物でも無いですから普段は気にも留めませんし、カーマニアや整備好きの人じゃないとその存在すら知らないでしょう。

ブレーキフルードってなんだ?

ブレーキって付くくらいですからブレーキに関する物って事くらいは分かりますね。
じゃ、「フルード」って?
車やバイクには色々な箇所でオイルが使われていますが、一般的に「オイル」と名前が付く物は滑りやすく、潤滑剤としての機能を持ちます。
一方、同じオイルでも「フルード」と名の付く物は、「圧力」を加えるために使われます
例えば、ミッションオイル、エンジンオイル、などですね。
フルードは、ブレーキフルード、パワステフルードなんかがあります。

このフルードですが、潤滑では無くて圧力を伝えるために使用すると言いましたが、具体的にはどのように使われているのでしょうか?

自転車のブレーキを思い浮かべてください。
自転車はハンドルの両側にブレーキレバーが付いていて、そのレバーを握るとワイヤーが引っ張られ、ワイヤーのもう一方の先端にあるブレーキパッドが動いて自転車のホイールのリムにゴム製のブレーキパッドが押しつけられます。その押しつけられたチカラでホイールの回転が止まります。

この自転車のワイヤーに相当する部分を自動車ではブレーキフルードが行っています。
車のブレーキペダルを踏むと筒(ピストン)の中に入ったブレーキフルードが押され、ブレーキディスクを挟んでいるブレーキパッドがディスクに密着してタイヤの回転を止めます。

「力を伝えるだけだったらブレーキフルードじゃなくて水でもいいじゃないの?」

私も最初はそう思いました。
ですが、そこにブレーキフルードを使用するワケがあるのです。

ブレーキを掛けるとブレーキパッドがブレーキディスクに押しつけられて回転を止めようとします。その時、ブレーキディスクやパッドは摩擦が起きて熱が発生します。これは回転しようとするチカラを熱に変換しているからなんですね。
この時に出る熱はかなりの温度で、瞬間的に200度以上になる場合もあります。
もしブレーキフルードが水だったら簡単に沸騰してしまいますね。
水が沸騰するとどうなるのか?
大量に泡が発生しますね。
泡が発生するとどうなるか?
泡は空気ですから、伸縮しますね。するとブレーキを踏んでも空気がクッションのようになって思うように力が伝わらなくなります。
要するにブレーキを踏んでもブレーキパッドがディスクを押しつける力が伝わらなくなり、タイヤの回転が止まりにくくなります。
すなわち、ブレーキを踏んでも車が止まらなくなってしまうのです。

ブレーキフルードの役割

水は簡単に沸騰して空気が出てきてしまいますが、ブレーキフルードは簡単に沸騰しません。
「沸点が水より高い」のです。

この沸騰しにくさを表す目安が「DOT」と呼ばれている物で、ブレーキフルードには一般的にDOT3とDOT4が使用されています(レース様にDOT5と言う物もあります)
このDOTは数字が多いほど沸点が高くなります(沸騰しにくくなります)

「じゃ、DOT5を使えばいいじゃない!」

と思いますが、そうもいきません。
確かにDOT5は沸点が高く性能も良いのですが、すぐに劣化してしまうのです。
1レースごとにブレーキフルードを交換するレース車だったら良いのですが、普段私たちが乗る車には不向きです。
毎日ブレーキフルードを交換するなんてありえません。
通常、普通の車にはDOT4が使われる事が多いと思います。

ブレーキフルード

ブレーキフルードの交換時期は?

ブレーキフルードは時間が経つにつれてどんどん劣化していきます。
劣化するとどうなるのか?
ブレーキフルードが劣化すると沸点が低くなってきます。
要するにブレーキフルード内に気泡が出来やすくなり、ブレーキの効きが悪くなってくるんですね。

通常は車検ごとに交換していれば問題ないと思いますが、心配な場合は確かめてみましょう。

ブレーキフルード充填ボンネットを開けるとエンジンルーム内にブレーキフルードが入っているマスタシリンダがあります。
通常、右ハンドルの車はエンジンルームの左奥にある事が多いです。
分かりにくい場合は、車に付属の説明書に書いてあるはずです。
このマスタシリンダにあるブレーキフルードが濁っていたり、かなり黒ずんでいたりする場合は劣化が進んでいます。
(当初はサラダオイルのような透き通った黄金色をしています)

ちなみに、ブレーキフルードは車の塗装面に付くと塗装を侵してしまいます。
塗装が浮き出てぶよぶよになってしまいますし、交換する場合はマスタシリンダやホース内の古いブレーキフルードをきれいに抜き出さなくてはなりませんから、整備工場で交換してもらう方が良いでしょう。
継ぎ足す場合は、マスタシリンダにブレーキフルードを入れるだけで良いのですが、必ず同じDOTの物を入れてください。
違うDOTのブレーキフルードを混ぜると固まってしまい、ブレーキライン内で詰まってしまいます。

また、中古車を購入した場合、このブレーキフルードが劣化したままという場合が多いです。
中古車を購入する際は納車前の点検でブレーキフルードの交換を頼んでおくか、納車後すぐに交換してもらうのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です