外車だって中古車査定で高く買取ってほしいの

外車だって中古車査定したい
今回は外車(輸入車)を買い取ってもらいたいと思っている方にとって耳寄りな情報です。外車は国産車に比べて中古車の相場観が掴みにくく、中古車査定に出して買取金額を提示してもらってもそれが本当にその車に見合った金額なのか、よく分からないことがあります。
外車は国産車よりも流通量が少なく、ちょっと珍しい車種ですと査定員もいままで出会った事の無い車だったりすることがあります。

最近の中古車査定は、現場の査定員が買い取り価格を決めるのでは無く、査定員はその車の程度や特徴を本部にある査定部署へ送り、その査定部署は、同一車種の過去の中古車オークションの落札額を調べて買取額を算出した後、査定員に「この金額より低い金額で買取りなさい」と指令を出すわけです。しかし、外車の中でも珍しい車種は過去のオークションのデータが無い場合があり、そのような場合はかなり低い査定金額を現場の査定員に伝えます。本来であればもっと高い買取り金額が付くかも知れない車でもリスクを回避するために安めの金額を提示するわけですね。

また、中古車買取業者は車を買い取った後、一定の整備をしてからオークションに出すなり、店頭で販売するなりしますので、この整備の時にその車についてのノウハウが多かれ少なかれ必要なのです。
たとえば、外車の中には車体後ろにリアハザードランプが付いている車がありますが、このリアハザードランプが点灯しているかしていないかを識別するためのインジケーターがあるのですが、とある車種ではこのインジケーターランプがとても分かりづらい所にあります。
最近は車検場でインジケーターランプ類が点灯していないと、車検を通してもらえない事が多々あります。このような場合にインジケーターランプの位置を知っておかないと、検査官にインジケータランプ不良と見なされ、車検を通す事が出来ません。しかし、このような外車ならではの構造や設計は、普段国産車ばかり扱っている業者さんにはノウハウが無いのです。ですから、予想外の手間が掛かるのを恐れて、珍しい外車などはあまり買い取りたくない場合があるのですね。
主に国産車を扱う大手の買取り業者は特にその傾向が強いと思って間違いありません。
ですから、外車(特に希少車)や、希少グレードの外車を売却する場合は、国産車を売る場合に比べて買取り価格を安くしがちなのです。

外車(輸入車)専門買取り業者

中古車買取業者さんの中にも「外車専門」の買取り業者さんがあります。
大手買取り業者さんもたいに大規模では無いのですが、外車専門と謳っているだけあって、自社でBOSCH認定整備工場を持っており、修理を外部に出さなくても対応出来るようです。
あ、紹介し遅れましたが、「外車王」という買取業者さんで、カレント自動車株式会社という会社が母体となっています。
(外車王って、バイク王のパチモンみたいであんまり良い名前じゃないような気が・・・あ、分かりやすくて良いか!?)
外車を査定するなら外車王で
このカレント自動車は、外車(輸入車)の販売がメインのようですが、外車のパーツ輸入や輸出また、外車そのものの輸出も行っている外車とそのパーツに特化した事業を行っている会社です。
ですので、国産車メインの買取り業者よりも外車に関してはかなり強みのある業者さんですね。
逆に、国産車についてはあまり得意’ではないようで、ウェブページにも
「外車王は輸入車・外車の買取に特に力を入れておりますので、日本車を査定される場合は、他の買取店さんにご相談した方が宜しい場合があるかもしれません。」
と書かれています。正直ですね(笑)

ドイツとスリランカに現地法人があるようですが、これは日本から現地へ車を輸出したときの窓口となっているんでしょうね。ドイツは輸入する場合やパーツの供給窓口でしょうか。
また、日本自動車査定協会日本中古自動車販売協会連合会日本自動車公正取引協議会、そしてこのサイトでも何度か紹介しているJPUC(日本自動車購入協会)に加盟しています。

外車王について、へぇー、やるじゃん!と思った点

私が「外車王」を「なかなか良いのでは?」と思った点は、「査定申し込みフォームの入力欄にある電話番号欄が必須項目では無い」という所です。
通常は、中古車査定の申し込みフォームの電話番号欄は必須入力になっているため、買取り業者からの電話が掛かって来ます。これが結構ウザイんですよね。満員電車に’乗ってるときにいきなり掛かって来たりしますから。
でもですね、外車王の買取査定申し込みフォームは、電話番号が任意入力なんですよ。
と言う事は、電話連絡して欲しくない場合は、電話番号を入力しなくても良いんです。(この場合はメールで連絡があります)
これってすごく良いですよね。まさにお客様目線です。
中古車査定の時、電話番号が必須じゃない!
その他、ローンが残っている車も買取OKですし、買取額よりローン残高が多い場合には「残債清算ローン」を組む事が出来ます。また、事故車や不動車も買取OKなので、サービス的には大手買取り業者と変わりは無いですね。

外車を売るのであれば・・・

私が思うに、まず「外車王」に査定依頼を申し込んで出張査定に来て貰い、買取金額を出してもらいます。その金額で納得できたら外車王に買取りしてもらえばいいですし、迷ったり納得いかない場合は、その他のカーセンサー.netやカービューなどの一括中古車査定サイトに申し込んで一括査定してもらうのが良いと思います。
まず外車王に査定してもらって車の相場観を把握し、その後で大手一括査定サイトに申し込んで大手買取業者に査定してもらえば失敗は少ないと思います。

現在の中古車買取り業者は得手不得手がハッキリしています。国産車に強い業者、軽自動車に強い業者、業務用車両に強い業者などなど・・・
ですから、外車を売却する場合は、主に国産車を買取りしている大手中古車買取業者よりも、外車王のような外車(輸入車)専門の買取り業者の方が高い買取金額を提示してくれるはずです。

↓↓↓ 外車王の中古車査定は下記からどうぞ。↓↓↓

外車王ウェブサイトが開きます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です